ホーム>ハンナとその「時代」>20th:持たない生活

20th:持たない生活

2020.03.04

今、あらゆるサービスの出現で、
私たちは物を持たずに
生活ができるようになっています。

必要最低限のモノしか所有せずに暮らす、
「ミニマリスト」なんて言葉も
数年前から聞くようになりましたが、
そういった主義を持っていなくとも、
シンプルな暮らしをすることが
効率的と考える人は少なくありません。

特に昨年あたりから、
「サブスクリプション」という
ビジネスモデルを活用した、
新サービスが広く利用されるようになっており、
そのサービスを使うことで、
より一層モノを所有するのではなく、
「使用する権利を買う」暮らし方が
一般的になりつつあります。

「サブスクリプション」とは、
定額制サービスと考えて頂ければOKです。
例えば、
1か月3,000円で1日1回あるお店で食事ができたり、
1か月1,980円で好きな洋服を5着まで、
借りることができたり。
5thで紹介した、NetflixやAmazonPrimeなども、
1か月数百円で好きな映像作品を好きなだけ見られるという、
サブスクリプションサービスです。
略して「サブスク」と呼ばれています。

最近では、
家具のサブスクや車のサブスクなど、
“大物”を取り扱うものも増えてきました。

レンタルと違いモノにお金を払うのではなく、
期間にお金を払うので、期間中に別のものに
追加料金なしで借り換えたりと、
より自分のライフスタイルに合わせた、
活用の仕方ができるのです。

冒頭で述べた通り、
このサービスをいろいろ組み合わせて使用すれば、
モノを極力持たずに暮らすことも可能です。

家具は「CLAS」というサービスで
月々400円から気に入った家具を揃えられ、
気分が変われば、別のテイストの家具と交換できます。
服は「Airecloset」というサービスで、
月9,800円で3着借りることができ、
期間内に別のものと交換したくなったら、
何度でも交換できます。
カバンは「ラクサス」というサービスで、
月6,800円で憧れのブランドバッグが
自由に使い放題です。

映画は「Netflix」で、
月880円で見放題、
音楽は「Applemusic」で、
月500円で聞き放題、
雑誌は「dマガジン」で、
月400円で読み放題です。

ここに出したのはあくまで一例で、
ありとあらゆるサブスクサービスが世の中には
溢れています。

モノを所有しない代わりに、
その時の気分に合わせてモノを使うことができるので、
経験を所有することができるようになりました。

昨日更新した記事では、
場所にとらわれることが今後はなくなると
書きましたが、モノにも捉われることからも、
今後はなくなっていきそうです。
新しいサービスや技術は、
人々をあらゆる足かせから解放する方向に進んでいます。


さて、本日で本コラムをスタートして、
1か月が経ちました。
コラム数も20本に…。
「よくがんばりました!」と
自分を褒めています。笑
(私は自分に甘いのです…)

最近はコロナの影響で社会の空気も停滞気味。
新しいものも影を潜め、
「さて、今日はなにを書こう…」と
悩みながらなんとかひねり出しています。
まだまだお伝えしたいことや「今」はたくさんあると思うのですが、
少々思考が停滞気味なのが正直なところです。

もしお読みいただいている皆さんが
「こんなことについて聞きたい!」や
「これについて紹介して欲しい!」
ということがあれば、ぜひ教えてくださいませ。
よろしくお願いいたします!




wakudamailto