ホーム>ハンナとその「時代」>15th:行列を作る女の子たち

15th:行列を作る女の子たち

2020.02.26

クラブ・ウィルビー事務局のある
表参道の骨董通り。
近頃、お昼時を過ぎると、
窓から見える対面のカフェに
若い女の子たちの行列ができます。

「lohasbeanscoffee」という名前のカフェで、
それ自体は2年前ほどからあり、
おしゃれで素敵なお店なのですが、
こんな風に行列ができるようになったのは、
ここ数か月のことなのです。

一体なにを目的で、
彼女たちは行列を作っているのか
気になって調査したところ、
どうやらかわいいイチゴのタルトと
カラフルなカフェラテが人気を博しているようなのです。

行列ができるお店はもちろんここだけではなく
表参道には他にも
好きなデリを選べる「PARIYA」や
「ELLE cafe AOYAMA CAFE RESTAURAN」など
若い女の子たちが行列を作るお店が
点在しています。

もうお分かりの方もいらっしゃるでしょうか、
いずれも共通点は「インスタ映え」。
彼女たちは自分のInstagramを彩るために、
行列に並んでいるのです。

私はお散歩が趣味なのですが、
街から街を渡り歩いていると
その道中にも行列のできるお店が
たくさんあります。

人通りが少ない場所でも、
突如若い女性の行列が出現するので、
たまにぎょっとするのですが、
みんな自分たちの順番が巡ってくるのを、
今か今かとワクワクしながら
待ちわびてる様子が
表情から伝わってきて
とても微笑ましいです。

今の若者たちの行動パターンは
「Instagram」で有名人や憧れの女の子、
親しいお友達が訪れた「映える場所」を見つけては、
次は自分が体験すべく、
行列を厭うことなくお店に足を運び、
そこで工夫して撮ったかわいい写真を
「Instagram」に掲載するという流れです。
そして、またそれを見た別のお友達が
同じように行列に並びにきます。
ネズミ講のようなもので、
来店者はどんどん増えていき、
その現象を「バズる」と言います。
一度バズると、そのブームはしばらく続くのです。

「映える」ことに対して、
言葉を選ばずにいうと「必死になる姿」は、
少々滑稽にも思えますが、
その行動力は素晴らしいと思います。

「素敵だな~、いつか行こう」だと、
ブームから乗り遅れてしまうし、
最新のかわいいものを載せることはできませんから、
「見つけたら、すぐ行こう!」という
モチベーションが彼女たちの中にはあるのです。

いろいろなモノやコトを他人が経験していることを
見られる世界だからこそ、
眺めているだけで自分も体験した気になったり、
満足することもできるとは思うのですが、
そこをきちんと自分の五感で感じ、
自分で記録に残すことを
重要視しています。

一生の中で行きたい場所や体験したいことは
やりきれないほど溢れているからこそ、
有限の時間の中で何をするかは
非常に重要な決定事項です。
その中でSNSで自分の針が触れる事柄を
簡単に見つけられるようになったことで、
効率的に自分のやりたいことを
選べるようになったな、と思います。

行動的な若い女の子の行列を
窓から眺めながら、
私も好きなことを見つけて
どんどん体験していかなくてはなぁと
思った次第です。

さて、このコラムも15回目となりました。
たくさんの感想メールをお寄せいただき
本当にありがとうございます。
とても励みになっているのですが、
真剣にお返事しようと思うとなかなか追いついておらず…。
いただきっぱなしになっており申し訳ありません。
必ずお返事させていただきますので、
どうぞもうしばらくお待ちくださいませ。
wakudamailto