ホーム>ハンナとその「時代」>13th:スマホが壊れただけなのに…

13th:スマホが壊れただけなのに…

2020.02.21

昨晩も友人たちと集まり、
美味しい食事とワインを堪能していたのですが、
帰り道にうっかり手が滑って
スマホを落としてしまいました。

嫌な予感がして、慌てて拾うと
パッと見たところ大丈夫そうで、一安心。
していたのも束の間、
触れど触れど
なーーーーーーんにも反応しないのです。

「終わった・・・・」
溜息交じりにそうつぶやきました。

スマホが壊れただけなのに、
それはもう現代人にとっては一大事です。
電車に乗って帰ろうとするにも、
「モバイルSuica」が反応せず
改札が通れない。
(私はスマホアプリのSuicaを使っているので、
 iphoneそのものが乗車カード代わりなのです)

久しぶりに切符を購入し、
無事乗車したものの、
音楽も聞けないし、インスタグラムも見れないし、
本も読めないし。
(書籍もアプリで購入してスマホ上で読んでいるます。)

暇だし、心細いしで、
せっかく昨日も楽しい夜だったのに
すっかり落ち込んでしまいました。

帰宅し、お風呂に入るとき、
いつもアプリのRadikoでラジオを聞きながら
半身浴をしているのにそれもできない。
寝る前に目覚ましをかけようにも
かけられない。(目覚ましもスマホ)

今朝、無事起床したものの、
またモバイルSuicaが使えなくなっていることを失念しており、
ただの光る板と化したスマホを、
改札にかざして、通せんぼ。
現金で切符を買っている間に、
電車は私を置いて行ってしまいました。

通勤途中で家族と「今日も頑張ろうね!」と
やりとりをするのが日課なのに、
それもできない…。
朝のニュースもチェックできない。

「スマホが壊れただけなのに」
あれもできない、これもできない。
武器を持たずに戦場に放り出された気分でした。
いつもの通勤路も間違うわけがないのに
なんだか不安に思っちゃったりして…。笑
通勤するだけでどっと疲れてしまいました。

お昼休憩に修理に行こうと思い、
表参道駅の靴修理店が
iphone修理サービスも提供していた記憶があったので、
かけ足で向かったのですが、
なんと今はもう行っていないとのこと…。

そうなると次にどこへ行けばいいのか、
検索することができず、
一瞬思考停止状態に陥ったのですが、
渋谷にも一軒、知っているお店があり
そこへ行ってみることに!

無事たどり着いたのですが、
なんと閉店しており、いよいよ手詰まり。
ですが、若者の街・渋谷には
きっと修理店があるに違いないと、
15分ほどうろうろしたのですが、
一向に見つからず、
お昼休みももう終わるしこれはもう諦めるしかないかと
オフィスに戻ろうとしたその時。

「iphone修理」と、
でかでかと書かれた看板が目に入り、
思わず「助かった~!」と
結構なボリュームの独り言をつぶやいてしまいました。
さっき通ったときはなかったのにな、、、
(そんなわけはない)
と思いながら、のれんをくぐりました。

スタッフさんが慣れた手つきで
画面を取り換えてくれて、
ものの10分ほどで
私のiphoneは復活を遂げたのでした。

「スマホが壊れただけなのに」
本当に困った約半日でした。
たった一つのものが使えなくなるだけで、
こんなに困るものって他にあるでしょうか。
手のひらサイズの機械が
なんでもかんでもできて非常に便利ですが、
あまりにも一つのものに
機能を集約させるのも考え物だなぁと思います。
集約できることが価値ではあるんですけどね。

まぁ解決策は簡単で、
壊さなきゃいいし、
失くさなきゃいいだけなんですけどね!
今後はより気を付けて扱いたいと思います。

カレンダー上は3連休。
世の中は自粛ムードですが、
皆様、よい週末をお過ごしください。
私も来週のコラムのネタになるおもしろいことを
きょろきょろ探しながら、過ごしたいと思います!
wakudamailto