ホーム>ハンナとその「時代」>12th:アラサー東京女子のグルメライフ

12th:アラサー東京女子のグルメライフ

2020.02.20

突然ですが、
私の友人はグルメな人がとても多いです。

東京という世界屈指の美食都市に
暮らしていることが
大きな要因なのでしょうが、
他にも、
バリバリ働いている独身女性が多いことと、
昨日書いたようにInstagramが
日常に溶け込んでいることも
理由だと思っています。

私がInstagramの投稿を閲覧している、
同世代女性は130名ほどいるのですが、
そのうち、東京在住の独身女性は、80名。
私は関西出身なので、
地元在住の友人とこちらの友人は
上記の中だと3:7程なのですが、
アラサーで結婚適齢期なのに、
未婚女性がこんなにもたくさんいるのです。
自分でいうのもなんなのですが、
容姿も美しく、知的で自立した女性が
私の友人には多いのですが、
なぜかみーんな嫁にいきません。笑

私も友人もその状況を嘆いているかと言えば
そこまで悲観的ではないのですが、
この数字を目の当たりにすると、
「大丈夫か?」という気にはなります。

前述した通り、
アラサー独身の友人たちは
バリバリ働いているので、
自由な時間も自由なお金も多いです。
なので、仕事が終わっては、
友人同士で素敵なレストランに集い、
仕事のことや最近の恋愛事情を話しながら、
美食を嗜んでいるのです。

そして、その様子をリアルタイムで
Instagramに載せます。
友人が掲載した写真を見て、
オンライン上で、
「美味しそう! どこのお店?」
なんてやりとりが始まり、
それぞれの「行きたいお店リスト」が
日々更新されています。

かくいう私も外食・美食が大好き!
行きたいお店、行ったお店は
「食べログ」でチェックを欠かさないのですが、
東京都内だけで、
行きたいお店は586軒、
行ったお店は632軒にもなりました。
(今、自分で確認して驚愕していますが、
 何年にも渡って記録し続けた結果です。)

もちろん高級レストランだけでなく、
ファストフード店やカフェも含まれているのですが、
こうやって色々なお店に足を運んでいるのは
私に限った話ではなく、
多くの友人がそんな感じです。
最近の東京女性は本当にグルメだなぁと
日々感じます。

私は個人的趣味で、食べログで
自分の食事記録を残しているだけで、
対外的に発信しているわけではありませんが、
中にはSNSの中に「グルメ専用アカウント」を作り、
ちょっとしたインフルエンサーに
なっている友人も数名います。

インフルエンサーとは
主にウェブ、SNS上で影響力のある人のことを言い、
目安としてはフォロワー
(そのアカウントの投稿をチェックしている人)が、
1万人程度と言われています。

インフルエンサーになると、
新しいレストランのオープン時などに、
お店に無料で招待され、
そのお店を良い風に紹介すると
謝金をいただけたりすることもあるようです。

私は近しい友人の中だけで、
「食に詳しい人」と認識はされていて、
「このエリアで〇〇円くらいのお店で良いところない?!」
などと連絡がよく来ます。
尋ねられると嬉しくて、
即座に2,3店舗
おすすめを送るので、
「歩く食べログ」と呼ばれています。笑

恐らくなのですが、
私も含め多くの友人たちが、
そんな生活をしているので、
みんな舌が肥えていて、
それが少なからずお嫁にいけない
要因になっていると思います。笑

男性にデートに誘われたとき、
どんなお店かみんな鋭いまなざしで
チェックしていますから。
嫌なかんじ~。

しかし、
「だって美味しいものが好きなんだもんっ」と
みんな開き直りながら、
今日も東京のあちらこちらで
美食と愉しいおしゃべりで盛り上がるのです。
wakudamailto