ホーム>ハンナとその「時代」>11th:テレビかウェブか

11th:テレビかウェブか

2020.02.19

「若者のテレビ離れ」
これはここ数年、
ずっと言われていることですよね。

確かに「テレビ、全然見ないなぁ」と言う声は
よく聞くのですが、
それでもテレビを中心に活躍している
芸能人の人気が衰えている様子はないですし、
ドラマが社会現象になったり、
番組での発言が話題になったりと、
テレビ発の情報は頻繁に耳にするので、
なんだかんだテレビはまだまだ人々に
支持されているじゃないかと、
感じていました。
テレビがなくなるなんてことあるわけない、と
つい最近までそう思っていたのです。

しかし、私自身昨年ころから「YouTube」を
それまでよりも積極的に見るようになったのですが、
その手軽さと、自分の都合に合わせて視聴できる
快適さを覚えてきて、
テレビを見ることがだんだん億劫になってきました。

十年ほど前は、
音楽のミュージックビデオや過去のテレビ番組などが
切り取られてアップロードされているようなものばかりでしたが、
(ちなみにそれは違法です)
今はオリジナルのコンテンツを発信する
YouTuberが増えていて、
これまで見たことなかったような個性を
発揮している人たちがたくさんいます。

私が特にお気に入りなのは、
ありとあらゆる魚をさばいて、
美味しく調理をするまでの様子を、
日々公開している、
「きまぐれクック」というYouTuberさん。
見たこともない巨大なイカを捌いて、
大きなイカリングを作ってみたり、
サメを捌いてみたり、
一般人がそんなことができるの?!
と驚くような映像がたくさんアップロードされています。

kimagure

一見、普通の兄ちゃんなのですが、
見事な包丁さばきと、知識の豊富さと、
迷いのない調理は見ていてまったく飽きません。
今時とは程遠い、昭和の香りのする住まいで
撮影しているアンバランスさも
なんだか癖になります。

他にも、
プロ顔負けの料理技術で大量の料理を作り上げ、
それを一人で平らげる大食いYouTuberや、
メイク技術を教えてくれるYouTuberなど
お気に入りは増えていく一方です。

さらに、それらを移動中や外出先の
ふとした空き時間にも見られることや、
自分の見やすい再生速度で見られること、
不要そうな箇所は1タッチで飛ばせること、
広告が入っても数秒で飛ばせることなど、
利便性がテレビに比べて格段に高いです。

テレビが確実に勝っている点として、
映像が遅延することがないところに
あると思うのですが、
それも2020年からは「5G」という
新しい通信システムが普及すると言われており、
それが広まるとインターネットの通信速度が
各段に早くなります。
そうするとこれまで動画を見ている途中に
止まってしまったり、
見られるまでに多少の時間がかかったり、
生中継をしても数秒の遅れが発生していたのが、
まったくなくなると言われているのです。

そうすると、
あらかじめ決まったコンテンツしか流れないテレビよりも
インターネットの海に散らばった、
自分の趣味嗜好にあったありとあらゆるコンテンツを
貪り見る方が格段に楽しいと思う流れが
できるのは自然なのかな、と思います。

そうは言っても現在はまだテレビメディアに使われている
総広告費とネット媒体に使われている広告費とは
雲泥の差がありますし、
それが5Gが普及したからと言って、
一気に逆転することはないとは思いますが、
確実にそこが潮目となり、
情勢は徐々にとは言わず、
ものすごいスピードで変化していくだろうと
予想されています。

昨日自宅で時間があったので、
テレビを見ようと1時間のバラエティ番組をつけたのですが、
おもしろいとは全く思えず、
さらに倍速にして見ることもできないので、
すぐ消して、YouTubeを見ていました。

今テレビドラマの「知らなくていいこと」に
はまっているのですが、
それも見逃し配信をしている「Hulu」でチェックしています。
有料会員なので、途中でCMが入ることもないですし、
見たいタイミングで見られるのが
なにより便利です。

少なくとも私のなかでは
もはやテレビよりウェブが優勢になりつつあるなと
実感している、今日この頃です。


wakudamailto