ホーム>ハンナとその「時代」>第七回「バレンタインがやってくる」

第七回「バレンタインがやってくる」

2020.02.13

今日は朝は雨が降り肌寒かったのですが、
お昼時にランチを買いに外出したら
ポカポカ陽気でした。
このまま早く春がやってきて欲しいと
願う毎日です。
朝、ベッドから出るのが辛いですから…。

明日は2月14日「St.Valentine's day」ですね!

女性が好意を寄せる男性にチョコレートを贈って
気持ちを伝えましょう、というイベントです。
これが製菓メーカーの
プロモーションという話は有名ですが、
そういう背景は一旦置いておいて、
一種のイベントとして楽しめばいいと個人的には思っています。

性別関係なく友達に送る「友チョコ」や
好意はなくても形式的に贈る「義理チョコ」や
家族に贈る「ファミチョコ」も
当たり前になっていますが、
個人的に気になっているのが
「ご褒美チョコ」。

年に一度バレンタインデーが近づくと
開催されているチョコレートの祭典
「メゾン・デュ・ショコラ」というイベントがあるのですが、
そこには世界中から有名なショコラティエや
普段はなかなか購入できないショコラが集まります。
(ファンはチョコレートではなくショコラと言うらしい)
ショコラティエとはチョコレート作りが専門の職人さんのことです。

私はまったく詳しくないのですが、
友人にはショコラファンがたくさんいて、
みんなこのイベントを心待ちにしているのです。

有名な女性タレントさんもショコラファンを
公言していたりと女性の趣味の一つとして
「ショコラブーム」の熱気は
どんどん強まっているように思います。

有名ショコラティエのショコラを手に入れるために
長蛇の列ができるのは当たり前ですし、
中にはこの時期にチョコレートのためだけに
二桁万円も使う強者もいるそうです。
そしてそれを誰かに配り歩くのではなく、
完全に自分のためだけに買い集めるのだそう。
自分への「ご褒美チョコ」なのです。

ショコラティエと2ショットを撮ったり、
サインをもらったりして、
興奮気味にSNSにその様子をアップする女性が
大勢見受けられます。
今年に関していうと
「好きな人にこんなチョコを作っています!」という
本来のバレンタインデーを楽しんでいる人より
「大好きなショコラティエに会えました!」という
自分のためのバレンタインデーを楽しんでいる人の方が
私の周りでは上回っています。

2月3日の節分の恵方巻は元々関西だけの習慣だったのが、
全国に広まったり、
女性が男性に愛を告白するためのイベントだったのが、
ショコラファンのお祭りになり。
いろんな行事は時を超えて、
少しずつ形を変えていくものですね。

正直甘いものには全く興味がないのですが、
この記事を書くためにメゾン・デュ・ショコラを
調べていたら、見たことのないような
嗜好をこらしたチョコレート、
いや、ショコラがたくさんあり、
確かに私も食べてみたくなりました。

有給をとってまでこのイベントに毎日足を運ぶ
筋金入りのファンもいらっしゃるようですから、
来年は私もお休みをとって祭りに参加してみようかしら。笑

取り急ぎ明日は食べたことのないショコラを
見つけて購入してみようかなぁ~。
買いに行く時間がないかもな…。

うん。
私は完全に祭りに乗り遅れたようです…。
愛の告白もなく、自分へのご褒美もなく、
今年のバレンタインを終えることとなりそうです。トホホ。

wakudamailto