ホーム>ハンナとその「時代」>4th:情報収集について

4th:情報収集について

2020.02.07

こんばんは。
立春の4日からスタートしたこのコラム、
無事、毎日更新をして今週を終えることができそうです。

何を隠そう私は「三日坊主」な節がありまして…。
事務局内でも
「あまり張り切って更新すると、
 そのうち失速どころか墜落するんじゃない?!」と
不安の声が出てまいりました…。

家族もチェックしてくれているようで、
「100m走ではなくマラソンだと思って取り組むように!」と
LINEが届きました。

日頃、いかに私がずぼらな印象を与えているか、
反省するばかりです。トホホ…。

ですが!
本日も張り切って記事を更新します!

■ 情報収集について

Zammaにも「情報通」と言ってもらい、
その流れでこのコラムを書かせていただく運びとなったのですが、
果たして自分が本当にそうなのか正直あまり自信がありません。

昨日、Twitterのことについて書きましたが、
他にもInstagramやFacebookなど
私たち世代はあらゆるSNSを駆使しています。

それ以外にもニュースキュレーションアプリと言って、
自分の興味のあるテーマを選択して登録しておくと
ネット上にあるたくさんの情報の中から
自動的にそのジャンルの情報をくまなく集めて
見ることができるような
「情報収集アプリ」などにも複数、目を通している人は多いです。

私自身の情報源はというと、
SNSやニュースサイト、その他は友人から聞いた話など、
基本的には「どこかから拾ってきた情報」が多いのです。

確かにZamma以外からも
「ハンナはいろんな情報を知っているよね」と
言ってもらえることは多いのですが、
前述した通り、その情報のほとんどは
「拾ってきたもの」なので
なんとなく「エセ情報通」なような気がしています。

この度、このような今の時代をお伝えするコラムを
連載させていただく運びとなったことで、
「なるべくフレッシュな情報をもっとたくさん手に入れたい」
という思いがとても強くなりました。
そのためには、
これまでのように情報を「拾ってくること」に加えて
情報を「見つけに行く努力」を
するようにしていきたいと考えています。
もっと言うなれば、
一歩先に目線を向けて今後の流れを
正しく予測できるような視線を養ったり、
自分自身の考え方を付け加えたり、
情報の価値を高めていかなくては、と思います。

少々ネガティブな気持ちを吐露してしまいましたが、
私が情報通と言ってもらえる所以は、
「どんなことに対しても興味を持てるところ」に
あると思います。
加えて、その情報を
「割と脳内の引き出しにしまっておける」ところです。
※割と、と言うのがミソです。右から左なこともたくさんあります…。

今回新たに
「クラブ・ウィルビーメンバーの皆さんに伝えたいこと」
という具体的なフィルターを持つことができたことで、
情報をどのように切り取っていくか、
どのように伝えていくか、
という風に一歩情報を深めていきたい理由ができました。

それを極めていけば「エセ情報通」を卒業し、
胸を張って「私、情報通です!」と言えるようになる気がしています。
このコラムを経てみなさんにも
その成長過程を見てもらえたら嬉しいです。

いや、待てよ。
「私、情報通です!」って胸を張って言う人、
なんか嫌な感じというか、
ちょっとダサイですね…。笑

まぁいいや!
とにもかくにも良い情報をお届けできるように、
がんばりますね。
前述した通り、
今の時代は誰でもたくさんの情報を簡単に集めることができます。
だからこそこれからは
「どんな情報か」より「誰からの情報か」が
重要になっていくでしょう。
「私からの情報」が価値あるものとなっていくよう、
がんばっていく所存ですので、
改めまして何卒よろしくお願いいたします!

「楽しく拝読しています」という
ご連絡をたくさんいただいています。
人から応援されたり、
自分が発信したものに対して感想を述べてもらったり、
「ありがとう」と言ってもらえることって
こんなに嬉しいんだなぁと
人生で初めて感じる喜びを知りました。
本当にありがとうございます。

さて、週末ですね。
みなさんどんな風にお過ごしになりますか?
私は舞台に行ったり、大好きな焼き鳥を食べに行ったり、
平日用のご飯の作り置きでもしようかと思います。
あとは最近はまっている海外ドラマ「THIS IS US」の続きを見ようかな。
またご紹介しますね。

それでは、良い週末をお過ごしください。

wakudamailto