残間 『グレ』を開店する時は、
光安さんはどういう状況だったんでしょう。



光安 その頃、私は銀座の『ピロポ』という店の
ナンバー2でした。それでナンバー3の娘を誘って
独立することにしたんです。
店の場所も決めて人も雇って、
いろいろと動いていたんですね。
ところが「一億円」を出すと言ってくれていた
スポンサーが、事情が変わって
急にお金は出せないと………。



残間 では、いったん延期?



光安 いいえ。周りにはやるって言ってましたし、
プライドが高かったせいか(笑)、
どうしても「ダメになった」とは
言えなかったんですね。
それで当時、1200万円貯金がありましたから、
それで何とかやることにしました。



残間 全然足りないじゃないですか。



光安 もともと一億円なんてかからないんですよ。
店の保証金に2500万円、内装費に1200万円。
後は人件費ぐらいですから。



残間 でもお酒の仕入れとか、いろいろあるのでしょ?
お酒も高級なものをお出しするんでしょうから。



光安 そんなの全体から見たら微々たるものですよ。
水みたいなもの。
だから"水商売"って言うんですから(笑)。






それで開店資金は借金で賄ったんですが、
今度は一緒にやるはずだったナンバー3の娘が、
店の引き止めにあって「やっぱりやれない」と。
慌てて連絡を取ろうとしたんですけど、
もう行方不明なんですね。
それが開店一週間前。開店までで3キロ痩せました。

でも後々考えると、この苦労が良かったですね。
特にお金の苦労。
他人のお金で軽い気持ちでやっていたら、
あっという間に潰れていたと思います。
最初の3年ぐらいは常に資金繰りに
頭を悩ませてました。



残間 開店当初の『グレ』は
どんな雰囲気だったんでしょう。
今みたいに各界から
著名な方が訪れていたんですか?



光安 いいえ。
やはり前のお店のつながりが中心でしたね。
店の女の子は17〜18人雇っていたんですが、
何しろ資金がないので他店から引き抜けないんです。
で、素人の娘ばかり。
それで素人ですから店で着る服がないわけです。
だから最初の頃は制服を着せていましたね。



残間 へえー。何か銀座っぽくないですね。



光安 ところがこれがフレッシュだと受けたんです。
応援してくれる方もずいぶん出てきて。



残間 今や『グレ』に行かなきゃ男として一人前じゃない、
というイメージすらあります。
お客さんが変わっていったのは、
いつ頃からだったんでしょう。



光安 しばらくしてグラフィックデザイナーの
長友啓典さんが来てくれるようになったんですが、
あの方がいろんな業界の人を連れてきてくれたのが、
きっかけでしたね。
長友さんは、一時は毎日のように来ていました。



残間 グラフィックデザイナーで、
毎日銀座でお酒が飲めたなんてすごいですね。



光安 (笑)さすがに毎日いらっしゃるので、
長友さんだけは"長友値段"を設定しましたけどね。






残間 私も何度か『グレ』にお邪魔しましたが、
『グレ』のお客さんって、
店の女性目当てというより、
店に来ている他の男性を横目で見ながら
男を磨くというか、
そんな雰囲気があると思うんです。
男の美意識というか、
美学が出るところじゃないですか。



光安 特に昔の銀座はそういう場所でしたね。
お酒を飲みますから、その方の地が出ますし。
ただ、銀座も変わりました。
財界の方もあまり夜遊びをしなくなって。
皆さん、疲れているんでしょうか。
夜遊びって体力いりますから。




(つづく)