残間 『成熟日本への進路』では、
波頭さんは日本がシフトすべき新しい主要産業として、
医療・介護産業を上げています。
特に介護は、これからますます需要が高まりますが、
働く人の低賃金がネックで、人もなかなか集まりませんし、
事業としてもあまりうまくいってないですよね。
波頭さんは景気対策なんかより、
ここに税金を集中投入すべきだと書いています。
本当にそれで変わりますかね。



波頭 まとまった公費を投入すれば、
あっと言う間に変わると思います。
今、介護士の方はフルで働いて月に15〜18万円くらい。
これを税金で補助して倍にすれば、
間違いなく人は集まるし、質も上がります。

そんなお金がと思うかもしれませんが、
工事現場で交通整理で旗を振っている方いらっしゃいますね。
公共工事だと、あの人の日当として
一日2万5千円以上払っています。
一方で介護の人の標準賃金は一日9千円くらい。
公費の補填で倍の金額にするのは無理どころか、
むしろ公正なことだと思います。
ところが厚労省は、全く逆の方向に行ってますよね。
お金をカットして、介護を家庭内でやらせようとしている。



残間 それから本を読んでて不安に思ったのが、
「所得の分配」というのが、
今のエゴイスティックに見える日本人に理解されるかどうか。
波頭さんは富裕層に対しては金融資産も含めた、
資産への大幅課税を提案しいてますよね。

でも本で紹介していましたが、
「自力で生きていけない人達を国や政府が助けるべきだ」という
考え方に対して、「そうは思わない」と答えた人の割合が、
日本は38%もいます。あのアメリカですら28%。
先進国ではイギリス8%、フランス8%、ドイツ7%。
中国でも9%に過ぎなくて、
日本は世界でもっとも弱者に厳しい国だというデータです。

この本で掲げている
「国民の誰もが医・食・住を保証される国作り」には、
お金に余裕がある人達が、そうではない人を
支えましょうという精神が欠かせないですよね。



波頭 僕はていねいに語りかければ大丈夫だと思っています。
日本人だってみんな自分の医・食・住の心配がなければ、
弱者を助けてあげようという気持ちになれると信じています。






残間 "分配"という考えは、私たちの世代は
受け容れる気がするんです。
誰かのためになりたいと思っている人って結構いるし、
根が平等主義ですから。

久しぶりに昔の仲間と会って、飲みに行くとしますね。
それで何を飲もうかという時、何となく自然に、
その場で一番お金を持ってなさそうな人間に合わせるんですね。
「じゃあ、今日は久しぶりに懐かしいホワイトでも飲もうか」って。
「いいよ、俺が驕るから『響』飲もうよ」という人間も
たまにいるんですが、そういうのは次から誘われなくなります。



波頭 (笑)それは大人の集団ですね。



残間 出世して社長になった人間と、
ずっと平のままだった人間とが、
屈託なく一緒に酒が飲めるんですね。
どちらも偉ぶるわけでなく、卑屈になるわけでもなく。
まあ、ラブ&ピースの甘い世代だからかもしれませんが。
だから民主党政権にも期待したんですよ。
最近の民主党には、ちょっと違和感を
感じていると思いますが。



波頭 僕ぐらいから上の世代(波頭さんは現在52歳)は、
そうだねって言ってくれる人は少なくないんです。
ただ若い人が嫌がりますよね。
介護が大変、高齢化が大変って言われてるから、
自分たちに稼がせて上の世代に手厚くするのはやだ、
という感じで。

でも、日本の一人当たりGDPは年3.8万ドルですが、
1万ドルちょっともあれば人は十分食べていけるんです。
道路工事の人の日当を介護の人に
半分あげればいいということです。






残間 これからの日本を考えると、
私もこの先どうなるかわからないな、
と思うことはあります。
そういう不安がなくなるって、
実はすごく大きなことですよね。

日本ではうつ病になる人が増えてますし、
毎年3万人を超える人が自殺しています。
未遂者はその10倍はいるといわれてますから、
日本という国は毎年30万人以上もの人が
本気で自殺を考えている国なんですよね。
自殺の原因は孤立とかいろいろあるんですが、
その背後にはこうした不安も影響してると思います。



波頭 日本の人口10万人あたりの自殺者数というのは、
先進国の中でも飛び抜けていますよね。
(※'09年で24.4人)
やはり、みんな茫漠たる不安を抱えながら
生きてるんだと思います。
すべての国民に<医・食・住>を保証することで、
人間らしいつながりや他人を思いやる余裕も
持てるようになると思います。
そうなれば、自殺する人も減るはずです。



残間 成熟時代に見合った税負担と、それに応える社会福祉、
そして所得の分配。これは緊急の問題だと思うんです。
我々の世代だって、もう5〜6年も経てば、
他人のことなど言っていられなくなるかもしれません。
その前に道筋だけでもつけられるといいですね。







(終わり/2010年9月)