▼撮影:佐野敦 ▼デザイン:柳澤篤






藤田一照さんのプロフィール
(ふじた・いっしょう)1954年、愛媛県生まれ。
灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。
院生時代に座禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、29歳で得度。
33歳で渡米。以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で座禅を指導する。
2005年に帰国し、現在、神奈川県葉山の「茅山荘」を中心に座禅の研究、指導にあたっている。
著作に『アメリカ禅堂通信』、訳書に『禅への鍵』『ダルマの実践』『フィーリング・ブッダ』など。




クラブ・ウィルビー(以下cw)


一照さんは6年ほど国内で修業されてから、
それから縁あって17年半もアメリカで坐禅を指導されて、
2005年に帰国されたんですが、
つまりアメリカで修行されていた期間の方が長いんですよね。



一照 ええ、そうです。



cw ただでさえ言葉で説明しづらい坐禅を、
細かいニュアンスまでは伝えにくいであろう英語を使って
指導するという経験は、どんなものだったんでしょう。



一照 私は別に向こうで、何か業績を上げようと
思って行ったわけではなかったんですね。
出たとこ勝負というか、実験的精神です。
失敗しても勉強になるというか、失敗の方が勉強になりますから。
こういう言い方をしてみたら全然ダメだったとか。

でも、私も最初は原理主義的に、これが伝統であるから、
こうやってください、という感じだったんです。
でも、どうもそれではダメらしい。じゃあどこを変えようかとか、
新しいものを加えようとか、していきましたね。






一照

一番大きかったのは、坐禅の前に念入りに体操をするようにした事です。
体操は個人的には前からやっていました。
私も体は固いほうですし、上手く坐れる方ではないですから、
関節をほぐしたり、呼吸法をやったりはしていたんです。

これをアメリカで、みんなもやった方がいいんじゃないかと
思ったんですね。日本のお寺では、
体操をきちんとカリキュラムに入れたりはしていなかったんですが、
アメリカでやってみたら好評なんです。

というのも、アメリカ人で坐禅をやるような人というのは、
真面目な方が多いんですよ。
坐禅というのはいいものだ、
素晴しいものだとは頭ではわかっている。
だから一生懸命坐るんですけど、身体を見たりさわったりしてみると、
身体は一刻も早く逃げたがっている。
だけど坐らなきゃいけないと思って坐ってるわけです。

そういう状態で坐っている人が結構いたんですね。
本人も痛みに耐えて頑張っていて、
いかにも「これが修行だ!」という様子なんです。
でも、それでは長続きしないし、仏教の修行というのは、
本来そういうものじゃないはずだと思います。
痛みに耐えて頑張っている人には、
違う方向に修行をシフトして欲しかったんです。

それで事前に体操で身体を柔らかくしたり、
違う形の坐禅のプレゼンテーションを試みたわけです。
ガチガチに坐るんじゃなくて、
「ホワッと」柔らかく坐るんだと表現したりね。
そうやってアメリカでは、彼らの持っている
坐禅の固定的イメージも変えていきました。

アメリカでそんなアプローチをしているうちに、
そのやり方に自信を深めていったわけです。




cw

今日は坐禅について言葉で語っていただいているんですが、
すごくわかってきた部分がある一方で、
どこか真実の周囲をぐるぐる回っているようなもどかしさもあります。
最初に、坐禅とは「言葉では言えないもの」と
釘をさされた通りなんですが、
体操みたいにフィジカルに身体を動かすことで、
そこを切り開けるのかもしれませんね。



一照 坐禅というのは本来フィジカルなものなんです。
ソマティック(somatic)と言うべきかな。
ソマティックというのは、心身一如的な意味での身体のことです。
でも、ともすれば坐禅というのはメンタルな、
精神主義的な受け取られ方をしていますよね。



cw はい。おっしゃる通りです。



一照 私は大学時代、心理学を勉強していて、
縁があって禅の世界に入ったわけですけど、
個人的な趣味としては合気道などの武術や体操をやっていたんですよ。
そういうバックグラウンドがあるので、
心身一如的な人間の在り方というのは、以前から考えていたんです。
それで坐禅の世界に飛び込んでみると、
あまりに精神主義的な言説が飛び回っていたので、
私はもっと身体的なアプローチでやるべきではと感じていました。



cw これまではフィジカルな指導というのは、
坐禅の世界ではあまりなかったんですか?



一照 こうやって坐りなさい、ハイそれで終わりって感じですね。
さっきも言いましたが、丁寧なガイドなんてなかったですよ。
それが日本でのやり方でした。「見て盗め」みたいな。



cw 骨や筋肉の構造がこうだから、
こう身体を持っていった方がいいとか、
そういう指導はなかった?



一照 それは個人が苦労しながら見つけるもので、
最初から教えてやるものではない、という考え方ですね。
私の坐禅会は骨格標本とか見せて、坐骨がここにあるでしょ、
背骨がこうなって、という感じでやりますよ。






cw

そういうやり方って、普段スポーツクラブなんかで
インストラクターに習う感じに近くて、すごく入りやすいですね。



一照 そういう事で言うと、私は全然、伝統的ではないですね。
普通、坐禅会というと精神講話、いわゆる法話をやりますよね。
私の場合は骨格標本を見せて、みんなで身体を動かしながら、
背骨を一個ずつ尾骨から見つけていきましょうという感じで、
ワークショップみたいな雰囲気です。

ユニークというか無茶苦茶なんでしょうけど、
私は精神講話なんて出来ないんで、
そうやっていくしかないんですよ。(笑)



cw でも、法話というか、わかったような、わからないような、
それでいて奥が深そうな話をされるよりも、
ちゃんと坐れる術を教えてくれる方が、その先がある気がしますけれどね。



一照 そうですよね。私はなるべく敷居を低くしてやりたいんです。
禅の専売特許のように言われている、
背中をバンバン叩いたりすることもしませんし。



cw だそうです。プログラムに参加する方は安心してください!

(続く)