▼撮影:佐野敦 ▼デザイン:柳澤篤






藤田一照さんのプロフィール
(ふじた・いっしょう)1954年、愛媛県生まれ。
灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。
院生時代に座禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、29歳で得度。
33歳で渡米。以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で座禅を指導する。
2005年に帰国し、現在、神奈川県葉山の「茅山荘」を中心に座禅の研究、指導にあたっている。
著作に『アメリカ禅堂通信』、訳書に『禅への鍵』『ダルマの実践』『フィーリング・ブッダ』など。




クラブ・ウィルビー(以下cw)


では、シンプルな質問でいきます。そもそも坐禅って、
なぜ坐るんでしょう?



一照 普段の私たちは動き回っているからです。
動物的に何かを追いかけたり、何かから逃げたり。
それで、何が追いかけたり逃げたりしているかというと、「我」です。



cw やはり、またそこに行きますか……。
はい、続きをお願いします。



一照 別の言い方をすると、「我」とは、何かを追いかけたり、
何かから逃げたりする時にできるものなんですね。
「あれが欲しい」「あれが嫌だ」という形で。

また、「我」というのは動き回りたがるもので、
その「我」がいろんなドラマを作りながら、他の「我」とぶつかったり
一緒になったり離れたりして、世間というものができていますよね。
当然、その世間にいたら、「我」でしかいられない。
さっき言った、そういう関係性、条件にいるわけですから。
だから、そうじゃない条件に身を置く必要があるんです。

でも本当は、世間にいても「我」じゃない生き方を実現できるのが
仏なんですけど、僕らは初心者なわけです。
「我」の方は年季が入っていますが、「我」じゃない方はビギナーなんで、
そのためには稽古をしなくてはいけない。
それで世間とは違う条件、
「我」じゃなくてもいいよ、
という条件を作りださなきゃいけない。


もし「我」が真理だったら、
「我」じゃなくなる状態というのはありえないわけですが、
「我」は真理ではなくて条件でそうなっているんですから、
条件さえ変えれば「我」ではない有り様というのは、実現できるわけです。






cw

はい、コップの話とつながってきましたね。
わかる(笑)、気がします。



一照 この条件を工夫することは、仏教に限らず、
他の宗教、キリスト教、イスラム教でもありますよ。
だいたい孤独な所に行って神について思いを巡らすとか、
瞑想的ことをやりますよね。仏教では、そのひとつが坐禅なわけです。

やはり静かな所に行きますよね。
「喧騒を離れなさい」とお釈迦さまも言ってます。
仮に大人数で坐っても、互いの物事のやりとりを止めて、
身体の動きを止めます。そして身体の動きを止めるというのは、
「我」から発していく行いを止めるということです。

人間は進化の過程で、二足歩行を始め、手が解放されて、言葉が生まれた。
つまり、二足歩行で移動し、手を使って道具を作り、
言葉によってコミュニケーションをする。
さらに脳が発達し、まだ起こっていないことを予想したり、
計画したり、未来を考えるようになる。
このままだと食べるものがなくなるから、少しとっておこうとか考える。
保険なんて考えるの人間だけですよね。

坐禅の時は、この4つの要素は全部ギブアップです。足を組みます。
だから歩けません。手も組みます。だから道具を使えません。
口も開かないから言葉も使えません。そして最後の考えるという部分。

よく坐禅中は無念無想といって、
まったく考えないものだと思われがちですが、
少なくとも私がやっている坐禅では、それは誤解です。
思いは浮かんでくるけれど、その思いをつないで思考にしていかない、
ということでいいんです。思いは浮かんできても構いません。



cw 浮かんでくる思いを風景のように、
眺めるにとどめておく、という感じでしょうか。



一照 そうそう。物を食べて胃が胃液を分泌しているようなもので、
遠くで鐘がゴーンとなったら「あ、鐘だ」と思うのは自然でいいんです。
でもそれを、あの鐘はいくらぐらいするのかなあとか、
下手だなあ、誰が撞いているんだ? とかなると、
最初の自然な反応にどんどんくっつけて、思いを膨らませてるでしょ。
それはなるべくしない。したっていいんですが、気がついたら止める。

とにかく、足を組み、手を組み、口を開かず、思いを膨らませない。
この坐禅の姿勢というのは、
普通の人間の状態に逆らっているというか、
人間であることを止める姿勢

なわけです。
移動したり、道具を使ったり、言葉を発したり、考えたりというのは、
どれも「我」が周りに働き掛けて、その状況を変えるための行為ですよね。
それを一切止めてしまう。植物的な状態とも言えます。

こうして静かな環境で、周りに影響を及ぼさないよう動きを止めていると、
「我」というものが、だんだん解体していくというか、
「我」が成り立つ条件がなくなっていきますよね。




cw

はいはい。何だか「我」が消滅することが、
想像できそうな気になってきました!



一照 だけど自分が消えるわけではなくて、音は聞こえるし、
いろいろな思いは浮かんでくる、足は痛くなる。命はそこに生きています。
つまりこれは、自分を「我」というまとめ方をしない条件なんです。
そうすると不思議なことに、自分が生き生きと感じられてくる。

というのは、「我」というのは、
自分の周りを殻で閉じ込めているものなんですよ。
外にはものが豊かにあるのに、自分で窓を閉めている。
「我」というのは自分を守るために作るんだけど、それにはリスクがあって、
あまりにも強固に作ると自分が窒息状態に陥ってしまうんですね。
本来は人間はもっと楽なはずなんです。
「我」は強くなるほど、ある意味、安全になるかもしれませんが、
楽しくなくなっていく。苦しくなる。
ですから「我」としては怖いことなんですけど、
我の条件が成立しない状態に身をおくことで、すごく楽になれる。

最初の方で坐禅の副次的な効果、利益として、元気になったり、
心身がリフレッシュされるという話が出ましたが、
当然そういうことも起こりますよね。

ところが難しいもので、こういう事を最初から期待してしまうと、
自分のために利益を得るためのもの、
つまり「我」のプロジェクトになってしまう。
だから、素直に静かな所に自分を投げ込み、作法通り坐るしかないんですね。
曹洞宗では「只坐る」と言いますが、只(ただ)というのは、
お釣りがないということ。
坐禅しながら手を出して何かちょうだい、じゃなくて、
ただ坐ることを一生懸命やる。

冒頭申し上げたように、川のほとりまでは連れていきますが、
あとは自分でやってください、としか言いようがない。
ただし、そこまでは指導する方も注意深くやらないといけなくて、
下手をすると、逆に「我」を固めるために頑張っている場合も多いんです。
今までは、そこをあまり親切に言わなかったんですね。
とにかく「坐れ」、みたいな感じで。
私はずっと外国で禅の指導をしてきたのですが、それでは通用しませんでした。






たとえば坐禅は痛いんだけど、
それを我慢して坐るものだ、と思ったり。我慢するのは「我」ですからね。
「我」というのは我慢してると自己満足しちゃうんです。
苦しいのを我慢するのが修行だと思ってると、
ますます「我」は強くなるわけですよ。
「俺はこんなにやってるぞ」みたいに。それはちょっと違う。

それから、坐禅をしたら何か起こらないといけない、という気持ち。
これも問題です。期待しているようなものが何にも起こらないんだけど、
間違っているんじゃないかと不安になったりする人もいます。
いろいろと落とし穴があるんです。

最終的にはやってる本人が工夫していくしかないんですが、
やっぱり指導者としては、道から逸れていかないように
配慮してやるべきでしょうね。今までの坐禅の修行は、
そういうことをあまりしてこなかったんです。
もう少し現代人が受け入れられるような、きめ細かく、
的確なインストラクションを考えるべきだと思いますね。



cw そうすると、指導者と修行者との対話がとても大事になっていきますね。



一照 ええ。だから私の場合、20人くらいまでしか目が行き届きませんね。



cw だから今回のウィルビーの座禅会も20人限定なわけですね。
それにしても、簡単な話に行こうとしたんですが、
なかなか簡単な話になりませんね(笑)。

(続く)