ホーム>About club willbe>メッセージ>渋谷和宏

渋谷和宏

作家/経済ジャーナリスト/大正大学表現学部客員教授

1959年12月、横浜生まれ。
1984年3月、法政大学経済学部卒業。
1984年4月、日経BP社入社。日経ビジネス副編集長などを経て
2002年4月『日経ビジネスアソシエ』を創刊、編集長に。
2006年4月18日号では10万部を突破(ABC公査部数)。
ビジネス局長(日経ビジネス発行人、日経ビジネスオンライン発行人)、日経BPnet(ビーピーネット)総編集長などを務めた後、
2014年3月末、日経BP社を退職、独立。
大正大学表現学部客員教授

1997年に長編ミステリー『銹色(さびいろ)の警鐘』(中央公論新社)で作家デビュー。
主な著書は
『バーチャル・ドリーム』(中央公論新社)
『罪人(とがびと)の愛』(幻冬舎)
以上は渋沢和樹の筆名
『月曜の朝、ぼくたちは』(幻冬舎)
『さよならの週末』(幻冬舎)
以上は井伏洋介の筆名
『文章は読むだけで上手くなる』(PHPビジネス新書)
以上は渋谷和宏の筆名
月刊誌『地域人』2016年4月号から連載小説
『「馬鹿者を命ず!」 まちおこし特命社員石打悠太』がスタート

またTVやラジオでコメンテーター、MCを務める。主な出演番組は
『シューイチ』(日本テレビ、レギュラーコメンテーター)
『いま世界は』(BS朝日、コメンテーター)
『森本毅郎・スタンバイ!』(TBSラジオ、コメンテーター)
など

Programs & Events

Projects

willbe Interview