ホーム>残間里江子のブログ>【6/16】一難去って、また一難?

毎日更新しています! クラブ・ウィルビー代表 残間里江子ブログ 波乱万丈、ケ・セラ・セラ 残間里江子が出会ったヒト、気になったモノ、体験したコトなどを紹介しています

フォトアルバム

7月11日(水)


女優・藤間爽子の初舞台「半神」


「半神」終演後の藤間爽子。左は父・藤間文彦さん。

7月9日(月)

1531180100116

神津はづきさんと。神津さんの新ブランド「Petit Tailor R-60」の内覧会にて。

7月5日(木)

tama

シンガー・ソングライターで社会活動家の玉城ちはるさんと。

7月4日(水)

s

写真展会場入り口に置かれた椎名さんの挨拶状。

6月29日(金)


「行幸マルシェ」で永島敏行さんと。

6月25日(月)


久しぶりの「willbeサロン」 会場は北参道「アトリエ レ・カイユ」。



オーナーシェフ&ソムリエの山下史樹さんと。

6月21日(木)


真ん中が株式会社ミライロ代表取締役の垣内俊哉さん。 ニッポン放送「おしゃべりラボ」にて。


NHKラジオ第一「どよう楽市」同窓会。

6月16日(土)

初夏の花々。世田谷区代沢付近









6月13日(水)


TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食・一直線」のみなさんと。

6月9日(土)


山本寛斎さん監督/総指揮の「元氣をあなたに着せまSHOW!! ~日本元気プロジェクト2018エネルギー!!~」


会場は六本木ヒルズアリーナ。


ショーに友情出演した岡本行夫さん、ラモス瑠偉さん。

6月3日(日)

1528099370360

キャンディッドの元スタッフ・安藤さんが働くロームシアター。この美しいホールは2000人収容のメインホール

6月2日(土)

IMG_0451

泉水麻美さん(左)と共同で展覧会を行った2人の女性ガラス工芸家と。

IMG_0444

展示されていた作品の数々

5月29日(火)

1527667678714

「和歌山県知事表彰」式典に出席。

1527667688701

頂いた表彰状と記念品(私の名前が彫られた銀杯)

5月26日(土)


「六本木アートナイト2018」 6月27日まで開催中。


六本木ヒルズアリーナの作品「影ワニ」。宮本宗さん作。


毛利庭園。


池には、三枝文子さんの作品「踊るランタン」


カルガモの姿も。


サントリーウイスキー「響」 ART OF BLENDING


六本木ヒルズの大屋根プラザにエレガントに並ぶグラス。

5月18日(金)


「健康寺子屋 10周年感謝の夕べ」


特別顧問・三屋裕子さんの挨拶。


サプライズで、感謝状をいただきました。


三屋さん、健康寺子屋講師の皆さんと。

5月16日(水)

1526540217061

猪瀬直樹さんの婚約式へ


パーティーには2人の友人・知人が大勢出席。司会はテリー伊藤さんでした。



パーティー会場に隣接するギャラリーでは蜷川さんの展覧会開催中。


主役の猪瀬直樹さんと。


お礼状のサインは直筆でした。

5月3日(木)

1525678876401

「MIDTOWN HIBIYA」へ。シンボルオブジェの“Flora(フローラ)”ちゃん。

1525678819977on

六本木ヒルズのシンボル・蜘蛛の彫刻「ママン」がテキスタイルアーティスト、マグダ・セイエグの手により期間限定で彩られています。5/27まで展示中。

4月25日(水)


島精機製作所取締役会。イタリア、東京、和歌山で三元中継。

【6/16】一難去って、また一難?

2018/06/16 10:45

第3600回
24時31分

約一ヶ月ぶりに整体に行き、
先生から、
「何か(憑き物?)が落ちて、
スッキリしていますね」という、
言葉をいただいたのに気を良くして、
「よっしゃ!」とばかりに、
意を強くした私は、
帰途「少し歩いてみよう」と思い、
世田谷区代沢付近を歩きました。
ただ歩くのも惜しいので、
フォトアルバムの更新を早めようと、
沿道に咲く「初夏の花」を撮影しながら、
久しぶりのウォーキングをしたところ、
10分ほど歩いたら、
突然右脚の付け根に激痛が走り、
右脚が動かなくなりました。
一難(感染症)去ったかと思えば、
次なる一難が押し寄せて来て、
今度は脚が動かないなんて、
余りと言えば余りです。
仕方なくタクシーを拾って家に帰り、
湿布をしてもみたのですが、
一向に良くなりません。

最初、
脚の付け根付近だと思ったのですが、
時間が経つにつれ、
ウエストと腰の間あたりが痛み出し、
どんどん悪化する感じなのです。

今日は、
SISカンパニーの、
「お蘭、登場」を観に行く予定を、
入れていたのですが、
こんなに痛くては、
「無理かもしれない」と、
思ったところに、
友人から、
「直属の部下が昨日突然死して、
今日は大変な一日になりそうです。
彼は50歳。まだ子供が小さいので、
気の毒でなりません」との、
メールが届き、
「志半ばで突然亡くなった方を思えば、
脚が痛いぐらいで、
甘ったれるんじゃない!」との、
思いに駆られ、
痛み止めの薬を飲んで、
三軒茶屋のシアタートラムに、
向かいました。

「お蘭、登場」は、
小泉今日子さん、高橋克実さん、
堤真一さんの三人が、
江戸川乱歩の迷宮世界に挑んだ作品ですが、
「見逃さないで本当に良かった!」と、思う、
センス溢れる素敵な作品でした。
北村想さんのオリジナル戯曲なのですが、
江戸川乱歩の作品群が随所に、
そして巧妙に織り成されてあって、
大いに楽しめました。
脚の付け根の痛さも、
観ている間は忘れていました。
(尤も座ったり、立ったりしている時は、
あまり痛くないのですが、
一歩踏み出すと激しく痛み出して、
「ウッ!」となるのです)

帰りもタクシーに身を委ねて、
帰って来たのですが、
ふと、このまま帰るのも淋しいと思い、
家の近くの、
時々ナカヤマと行く、
小料理屋さんに立ち寄りました。

いい歳をして、
恥ずかしいのですが、
私は独りで飲食店に入るのが、
大の苦手で、
これまでこの手の店に、
独りで入ったことはないのですが、
脚が痛いのを、
家に帰って独りきりで耐えるのは、
ちょっと辛い気がして、
勢いをつけて入ってしまったのです。
幸いにも、
顔見知りの料理長と店長が、
「最近見えないので
心配していたんですよ」と、
暖かく迎えてくれて、
料理長が私用に少量にしてくれた、
心尽くしのお料理をいただきました。

たまたま店に居合わせた、
32歳の証券マンと、
39歳のいかにも仕事の出来そうな、
ワーキングウーマンの二人と、
会話を交わし、
「ジェロントロジー」の話になり、
(「ジェロントロジー」とは、
老人を意味するギリシャ語のgeronから、
派生した言葉で、
日本では研究の歴史が新しいため、
「老人学」「老年学」などと、
訳されることが多いのですが、
本来は人間の老化現象を、
生物学、医学、社会科学、心理学など、
多面的・総合的に研究する学問です)
最後は脚の悪い私を二人が、
交差点まで送ってくれて、
再会を約束しました。
これも「独り」ならではのことという、
気もしますから、
これからは勇気(?)を振り絞って、
時々は「独り」で、
行動してみようと思いました。

……それにしても、
脚の付け根というか、
腰の下部というか、
突然襲ってきたこの激しい痛みは、
何が原因なのでしょう。
明日は一体、
どうなっていることか。
起きるのが、
楽しみなような、
怖いような、
不安定な気持ちでベッドに入ります。


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

willbe interview

teidan2 masuda2 koukami2

ブログの感想お待ちしています!
(残間より)

電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

残間里江子出演情報

7/7(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿氏と司会を務めます。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎日新聞・毎週金曜夕刊連載中
毎日新聞・夕刊の金曜日のコーナー「人生は夕方から楽しくなる」内でコラム連載中。
タイトル「もう一度花咲かせよう」



プロフィール

残間里江子(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
近著に『閉じる幸せ』(岩波新書)




Projects



Programs & Events



最近のブログ記事