ホーム>残間里江子のブログ>【5/26】「アート」と「発酵」は出来るプロセスを考えると、どこか似ているような気がします。

毎日更新しています! クラブ・ウィルビー代表 残間里江子ブログ 波乱万丈、ケ・セラ・セラ 残間里江子が出会ったヒト、気になったモノ、体験したコトなどを紹介しています

フォトアルバム

6月16日(土)

初夏の花々。世田谷区代沢付近









6月13日(水)


TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食・一直線」のみなさんと。

6月9日(土)


山本寛斎さん監督/総指揮の「元氣をあなたに着せまSHOW!! ~日本元気プロジェクト2018エネルギー!!~」


会場は六本木ヒルズアリーナ。


ショーに友情出演した岡本行夫さん、ラモス瑠偉さん。

6月3日(日)

1528099370360

キャンディッドの元スタッフ・安藤さんが働くロームシアター。この美しいホールは2000人収容のメインホール

6月2日(土)

IMG_0451

泉水麻美さん(左)と共同で展覧会を行った2人の女性ガラス工芸家と。

IMG_0444

展示されていた作品の数々

5月29日(火)

1527667678714

「和歌山県知事表彰」式典に出席。

1527667688701

頂いた表彰状と記念品(私の名前が彫られた銀杯)

5月26日(土)


「六本木アートナイト2018」 6月27日まで開催中。


六本木ヒルズアリーナの作品「影ワニ」。宮本宗さん作。


毛利庭園。


池には、三枝文子さんの作品「踊るランタン」


カルガモの姿も。


サントリーウイスキー「響」 ART OF BLENDING


六本木ヒルズの大屋根プラザにエレガントに並ぶグラス。

5月18日(金)


「健康寺子屋 10周年感謝の夕べ」


特別顧問・三屋裕子さんの挨拶。


サプライズで、感謝状をいただきました。


三屋さん、健康寺子屋講師の皆さんと。

5月16日(水)

1526540217061

猪瀬直樹さんの婚約式へ


パーティーには2人の友人・知人が大勢出席。司会はテリー伊藤さんでした。



パーティー会場に隣接するギャラリーでは蜷川さんの展覧会開催中。


主役の猪瀬直樹さんと。


お礼状のサインは直筆でした。

5月3日(木)

1525678876401

「MIDTOWN HIBIYA」へ。シンボルオブジェの“Flora(フローラ)”ちゃん。

1525678819977on

六本木ヒルズのシンボル・蜘蛛の彫刻「ママン」がテキスタイルアーティスト、マグダ・セイエグの手により期間限定で彩られています。5/27まで展示中。

4月25日(水)


島精機製作所取締役会。イタリア、東京、和歌山で三元中継。

【5/26】「アート」と「発酵」は出来るプロセスを考えると、どこか似ているような気がします。

2018/05/26 15:15

第3579回
23時46分

昨日の和歌山行は、
往復9時間近く電車に乗り、
(しかも車中は読書とタブレットでの原稿書き)
現地では約3時間の会議だったのですが、
さすがに背中が痛くなり、
自己流ストレッチをして寝みました。
途中2度ほど目が覚めましたが、
5時半には起床し、
6時すぎから家の近所を歩きました。
「週末のこんな時間だもの、
誰にも会わないだろう」と、
整髪もせずに「爆発ヘア」のまま、
エレベーターに乗ったら、
涼やかな顔の青年と会ってしまい、
(俳優かタレントだったのかも………)
彼はまるで不審者を見るような感じで、
私を凝視するので、
ずっと顔を反らしていました。

六本木ヒルズの、
大屋根プラザに行ってみたら、
今日から開催される、
「サントリー響〜ART OF BLENDING」の、
準備に施工会社の男性たちが、
忙しそうに立ち働いていました。

毛利庭園まで降りて行くと、
池に約100個のランタンが浮かび、
その傍でカルガモの親子が、
気持ちよさそうに泳いでいました。
(親鴨はツガイで静かに、
子鴨は2羽がじゃれ合うように)

六本木界隈は、
ヒルズとミッドタウンと国立新美術館を中心に、
「六本木アートナイト2018」という、
エリアイベントを開催中で、
街のあちこちでアート作品はもちろん、
デザイン、映像、音楽、
パフォーマンスなどが見聞出来ます。

午後2時からは、
大和ハウスが主催の、
「生活文化フォーラム」に、
ヒロモリと2人で伺いました。
今年のテーマは、
「健康な暮らしは発酵食品で」
というものです。
パネリストは、
「club willbe」でも料理講習会を、
開催して下さったことがある、
料理研究家の土井善晴さんと、
「willbeアカデミー」で、
講義をしてくださった、
発酵学者の小泉武夫さん、
農学博士で食品微生物学の、
専門家の藤井健夫さん、
そして、
19歳から今日まで、
30余年「糠味噌漬け」を続けている、
タレントの山瀬まみさんでした。
このフォーラムは毎回凄い人気で、
今回も北海道から沖縄まで、
1000人を超える、
来場申し込みがあったそうです。

「豆腐にひきわり納豆と油揚を入れた、
味噌汁」は肉食にも負けない、
「究極のスタミナ食」という話など、
すぐに実用化出来る話が多く、
ナビゲータの土井さんのリードで、
会場は終始、
和やかな雰囲気に包まれていました。
お土産は土井さんセレクションの仙台味噌で、
日頃から仙台味噌を使っている私には、
何よりの贈品でした。

パネルディスカッションは、
17時過ぎには終わりましたが、
17時半からもう一つ、
打ち合わせが入っていたので、
今日は合唱団の練習には、
顔を出せませんでした。
ナカヤマからは、
「素晴らしい歌声でした」と、
報告を受けています。

……明日の朝ご飯には、
豆腐にひき割り納豆と油揚げを入れた、
スタミナ味噌汁を作ってみようと、
思っています。

 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

willbe interview

masuda2 koukami2 joki2

ブログの感想お待ちしています!
(残間より)

電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

残間里江子出演情報

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

6/23(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿氏と司会を務めます。

毎日新聞・毎週金曜夕刊連載中
毎日新聞・夕刊の金曜日のコーナー「人生は夕方から楽しくなる」内でコラム連載中。
タイトル「もう一度花咲かせよう」



プロフィール

残間里江子(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
近著に『閉じる幸せ』(岩波新書)




Projects



Programs & Events



最近のブログ記事