ホーム>残間里江子のブログ>【4/25】今日は1日が36時間ぐらいに感じました。

毎日更新しています! クラブ・ウィルビー代表 残間里江子ブログ 波乱万丈、ケ・セラ・セラ 残間里江子が出会ったヒト、気になったモノ、体験したコトなどを紹介しています

フォトアルバム

7月18日(水)


「玉村豊男作品展 初夏編」パレットギャラリー麻布十番で7/22まで開催中。

7月11日(水)


女優・藤間爽子の初舞台「半神」


「半神」終演後の藤間爽子。左は父・藤間文彦さん。

7月9日(月)

1531180100116

神津はづきさんと。神津さんの新ブランド「Petit Tailor R-60」の内覧会にて。

7月5日(木)

tama

シンガー・ソングライターで社会活動家の玉城ちはるさんと。

7月4日(水)

s

写真展会場入り口に置かれた椎名さんの挨拶状。

6月29日(金)


「行幸マルシェ」で永島敏行さんと。

6月25日(月)


久しぶりの「willbeサロン」 会場は北参道「アトリエ レ・カイユ」。



オーナーシェフ&ソムリエの山下史樹さんと。

6月21日(木)


真ん中が株式会社ミライロ代表取締役の垣内俊哉さん。 ニッポン放送「おしゃべりラボ」にて。


NHKラジオ第一「どよう楽市」同窓会。

6月16日(土)

初夏の花々。世田谷区代沢付近









6月13日(水)


TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食・一直線」のみなさんと。

6月9日(土)


山本寛斎さん監督/総指揮の「元氣をあなたに着せまSHOW!! ~日本元気プロジェクト2018エネルギー!!~」


会場は六本木ヒルズアリーナ。


ショーに友情出演した岡本行夫さん、ラモス瑠偉さん。

6月3日(日)

1528099370360

キャンディッドの元スタッフ・安藤さんが働くロームシアター。この美しいホールは2000人収容のメインホール

6月2日(土)

IMG_0451

泉水麻美さん(左)と共同で展覧会を行った2人の女性ガラス工芸家と。

IMG_0444

展示されていた作品の数々

5月29日(火)

1527667678714

「和歌山県知事表彰」式典に出席。

1527667688701

頂いた表彰状と記念品(私の名前が彫られた銀杯)

5月26日(土)


「六本木アートナイト2018」 6月27日まで開催中。


六本木ヒルズアリーナの作品「影ワニ」。宮本宗さん作。


毛利庭園。


池には、三枝文子さんの作品「踊るランタン」


カルガモの姿も。


サントリーウイスキー「響」 ART OF BLENDING


六本木ヒルズの大屋根プラザにエレガントに並ぶグラス。

5月18日(金)


「健康寺子屋 10周年感謝の夕べ」


特別顧問・三屋裕子さんの挨拶。


サプライズで、感謝状をいただきました。


三屋さん、健康寺子屋講師の皆さんと。

5月16日(水)

1526540217061

猪瀬直樹さんの婚約式へ


パーティーには2人の友人・知人が大勢出席。司会はテリー伊藤さんでした。



パーティー会場に隣接するギャラリーでは蜷川さんの展覧会開催中。


主役の猪瀬直樹さんと。


お礼状のサインは直筆でした。

5月3日(木)

1525678876401

「MIDTOWN HIBIYA」へ。シンボルオブジェの“Flora(フローラ)”ちゃん。

1525678819977on

六本木ヒルズのシンボル・蜘蛛の彫刻「ママン」がテキスタイルアーティスト、マグダ・セイエグの手により期間限定で彩られています。5/27まで展示中。

4月25日(水)


島精機製作所取締役会。イタリア、東京、和歌山で三元中継。

【4/25】今日は1日が36時間ぐらいに感じました。

2018/04/25 11:15

第3548回
26時25分

今日は、
生島ヒロシさんのラジオだったので、
いつものように朝4時に、
起きるつもりでいたのですが、
寝る前に「髪を洗いたいな」と、
思った気持ちが、
頭のどこかに残っていたようで、
午前2時半には、
目が覚めてしまいました。
2時50分からシャンプーをして、
髪を乾かしながら、
4時半にTBSラジオから送られてきた、
新聞早刷りに目を通し、
6時03分から、
生島さんとのかけ合いで、
「ニュース・ピックアップ」コーナーが、
始まりました。

私の出番は、
6時11分過ぎに終り、
9時過ぎには、
和歌山での会議に出席するため、
家を出なければなりません。
それまでに、
毎日新聞の連載コラムを、
書かなければならなかったのですが、
夕べから無性に食べたいと思っていた、
カレーを我慢出来ずに、
中皿いっぱい食べてしまいました。
辛いカレーを刺激剤にして、
全速力で原稿を書いて、
編集部に送稿して、
9時15分に自室を出ました。

7時前に外を見たら、
想像以上に風雨が激しく、
(まるで台風みたいでした)
これでは道でタクシーを拾うのは、
無理だと思ったので、
フロントデスクに、
タクシーの予約を頼みました。
出発まで2時間余はあったので、
「多分大丈夫だと思いますが、
駄目だったら連絡します」との、
ことだったのが、
9時になってもフロントからは、
何の連絡がなかったので、
予約は出来たのだろうと思って、
エントランスに降りて行くと、
ずぶ濡れになった受付の男性が、
「どこに電話をしても駄目だったので、
歩いて探して来ました」と言って、
1台のタクシーを、
連行(?)してくれていました。

乗車したあと、
運転手さんに聞いたら、
受付の男性は大通りまで、
探しに行ってくれたそうで、
「沿道には何人もの人が、
乗りたそうに待っていたから、
断わろうと思ったんだけど、
雨に濡れるのも構わず、
必死で『乗せてください!』と、言うので、
気の毒になってね」とのこと。

あの時タクシーに乗れなかったら、
おそらく乗る予定の新幹線には、
間に合わなかったと思います。
ずぶ濡れの男性には、
乗車時にも御礼は言いましたが、
何分にも急いでいたので、
帰って来たら、
もっとしっかり御礼を言わなければと、
心に留め置きました。
(22時過ぎに帰宅して、
改めて御礼を言いに行きましたが、
シフトが変わっていて、
会えませんでした)

品川駅に着くと、
在来線は遅れていましたが、
東海道新幹線は平常運転でした。
神奈川県までは、
都内と同じような荒天でしたが、
静岡県に入って、
丹那トンネルを越えたあたりから、
雨は止み、
浜松付近では青空も見えました。
それでも京都・大阪は、
再び曇り空になり、
和歌山も肌寒い曇天でした。

14時半に、
島精機製作所に到着し、
17時半まで取締役会に出席して、
終わるやいなや、
「くろしお号」と新幹線を乗り継いで、
帰京したのですが、
新幹線に乗ってホッとした途端、
猛烈な空腹に襲われ、
車内販売のワゴンを待っていました。
いつもなら乗車してほどなく、
回って来るのに、
今日はなかなか来ません。
京都を過ぎても来ないので、
「仕方がない!今日はダイエットにしよう」と、
諦めかけていたところに、
ようやくやってきたのですが、
「研修中」の名札をつけた新人を、
先輩が指導(監督)しているワゴンでした。

20代後半か30代前半くらいの先輩女性は、
新人の仕事ぶりを見ているだけで、
新人がドギマギしながら、
長い時間をかけて対応をしていても、
手伝いはしないのです。
手を出してはいけないことに、
なっているのかもしれませんが、
客が今か今かと苛々して順番を、
待っているのですから、
後輩にお手本を見せる意味でも、
後輩を助けるべきだと思うのですが、
客の思いをよそに、
見事なまでに「どこ吹く風子」で、
平然と見ているのでした。

こんな時間に、
こんなに沢山食べてはいけないと、
思いながら、
空腹に加えて、
「どこ吹く風子」への腹立ちが、
火が点いた食欲に油を注いだようで、
アッと言う間に、
「東海道肉づくし」弁当を、
平らげてしまいました。

いそいで食べたせいで、
品川駅に着いてからも
お腹の中では、
東京のやきとりと、
名古屋のみそかつと、
大阪のすきやきが、
陣地争いをしていました。

………只今25時14分、
ようやく各地のお肉たちも、
眠りに入ったようです。
私も23時間近く起きているので、
そろそろ寝みます


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

willbe interview

teidan2 masuda2 koukami2

ブログの感想お待ちしています!
(残間より)

電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

残間里江子出演情報

7/7(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿氏と司会を務めます。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎日新聞・毎週金曜夕刊連載中
毎日新聞・夕刊の金曜日のコーナー「人生は夕方から楽しくなる」内でコラム連載中。
タイトル「もう一度花咲かせよう」



プロフィール

残間里江子(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
近著に『閉じる幸せ』(岩波新書)




Projects



Programs & Events



最近のブログ記事