ホーム>残間里江子のブログ>【10/9】黒柳徹子さんの華麗なる熱演とクミコさんの熱唱。 私も早く熱弁を振るいたくなりました。

毎日更新しています! クラブ・ウィルビー代表 残間里江子ブログ 波乱万丈、ケ・セラ・セラ 残間里江子が出会ったヒト、気になったモノ、体験したコトなどを紹介しています

フォトアルバム

6月16日(土)

初夏の花々。世田谷区代沢付近









6月13日(水)


TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食・一直線」のみなさんと。

6月9日(土)


山本寛斎さん監督/総指揮の「元氣をあなたに着せまSHOW!! ~日本元気プロジェクト2018エネルギー!!~」


会場は六本木ヒルズアリーナ。


ショーに友情出演した岡本行夫さん、ラモス瑠偉さん。

6月3日(日)

1528099370360

キャンディッドの元スタッフ・安藤さんが働くロームシアター。この美しいホールは2000人収容のメインホール

6月2日(土)

IMG_0451

泉水麻美さん(左)と共同で展覧会を行った2人の女性ガラス工芸家と。

IMG_0444

展示されていた作品の数々

5月29日(火)

1527667678714

「和歌山県知事表彰」式典に出席。

1527667688701

頂いた表彰状と記念品(私の名前が彫られた銀杯)

5月26日(土)


「六本木アートナイト2018」 6月27日まで開催中。


六本木ヒルズアリーナの作品「影ワニ」。宮本宗さん作。


毛利庭園。


池には、三枝文子さんの作品「踊るランタン」


カルガモの姿も。


サントリーウイスキー「響」 ART OF BLENDING


六本木ヒルズの大屋根プラザにエレガントに並ぶグラス。

5月18日(金)


「健康寺子屋 10周年感謝の夕べ」


特別顧問・三屋裕子さんの挨拶。


サプライズで、感謝状をいただきました。


三屋さん、健康寺子屋講師の皆さんと。

5月16日(水)

1526540217061

猪瀬直樹さんの婚約式へ


パーティーには2人の友人・知人が大勢出席。司会はテリー伊藤さんでした。



パーティー会場に隣接するギャラリーでは蜷川さんの展覧会開催中。


主役の猪瀬直樹さんと。


お礼状のサインは直筆でした。

5月3日(木)

1525678876401

「MIDTOWN HIBIYA」へ。シンボルオブジェの“Flora(フローラ)”ちゃん。

1525678819977on

六本木ヒルズのシンボル・蜘蛛の彫刻「ママン」がテキスタイルアーティスト、マグダ・セイエグの手により期間限定で彩られています。5/27まで展示中。

4月25日(水)


島精機製作所取締役会。イタリア、東京、和歌山で三元中継。

【10/9】黒柳徹子さんの華麗なる熱演とクミコさんの熱唱。 私も早く熱弁を振るいたくなりました。

2017/10/09 18:00

第3350回
32時18分

今日は、
素晴らしいパフォーマンスを2作、
鑑賞しました。

最初は、
黒柳徹子さん主演の、
海外コメディ・シリーズ第31弾、
「想い出のカルテット〜
もう一度唄わせて〜」でした。
2011年の初演から
2014年の再演を経て、
今回が再々演です。
黒柳さんの、
「海外コメディ・シリーズ 」は、
銀座にあったセゾン劇場時代から、
ほとんど拝見していますし、
今回の作品も、
初演から拝見しております。

今回は、
黒柳さんが骨折をなさったことで、
車椅子での、
出演だったのですが、
華麗な衣装に身を包んだ、
黒柳さんの車椅子姿は、
ストーリーの中にピタッとおさまり、
往年のプリマドンナが、
老人ホームに入らざるを得ない心象を、
かえって鮮やかに、
引き出しているようで、
最初から車椅子の、
設定だったのではないかと、
思うほどでした。

自ら車椅子を、
操作しながらの演技は、
大変だったのではないかと、
拝察しますが、
ご本人は
「これまでで一番いい、
仕上がりかもしれない」と、
おっしゃっているそうです。

終演後、
「楽屋にお越しください」と、
事務所の方からは、
声をかけていただいたのですが、
このあとのスケジュールまで、
時間がギリギリだったので、
16時半に、
EXシアターを後にしました。
(尚、東京での公演は15日までですが、
大阪公演は10月17日と18日、
森ノ宮ピロティホールで開催
されます)

17時からは、
恵比寿のガーデンホールで、
クミコさんの、
35周年記念コンサートに伺いました。
(正式なタイトルは、
「クミコ ザ・ベスト・コンサート1982〜2017」)
今はなき東京・銀座の、
シャンソニエ「銀巴里」で、
歌い始めて35年。
松本隆氏との出会いから、
二人で新しい世界を創造し、
去る9月27日には、
全曲松本隆さんの作詞による、
ニューアルバム「デラシネ」を、
発売したばかりです。

第一部では、
その「デラシネ」に、
収められている全10曲を、
披露するという、
珍しい構成でした。

大半のコンサートの構成は、
第一部ではお馴染の曲を歌って、
お客様を一気にその歌手の世界に、
誘い込むところから始まって、
第二部でニューアルバムの、
お披露目がてら、
新曲を数曲歌うというのが、
普通です。
ましてや、
今回はデビュー35周年を、
記念してのコンサートですから、
古い順から現在歌っている曲までを、
「クミコさんの歌の歴史」という、
形式で辿るのだろうなと思っていた人が、
多かったのではないでしょうか。

それを敢えて、
第一部に新曲を持ってきたことを、
当のクミコさんは、
「第一部に新曲を持ってくるなんてと、
不思議に思われるかも知れませんが、
35年を期して、
これからは過去は過去として、
ひたすら前を見て進んで行こうと、
考えているものですから、
新しいアルバムの曲を先に、
聴いていただくことにしました。
それに、
こんなに素晴らしい、
オリジナルアルバムは、
もう創ることが出来ない、
……最後のような気がするのです」と、
ステージで語っていましたが、
それだけ「デラシネ」には、
今のクミコさんの熱き思いが、
込められているのだと感じました。

「歌のうまさ」には、
定評のあるクミコさんですし、
本業を「誉める」なんて、
生意気(または「失礼」なのですが)
実に見事な歌唱力でした。

何度も聴いたことのある、
「過去の歌たち」を聴いた時、
過ぎた時間とともに、
クミコさんの歌は、
ますます磨きがかかり、
深化して行っていることを、
感じました。
(クミコさんの大阪公演は、
11月18日、森ノ宮ピロティホールで、
開催
されます)

クミコさんの今朝のブログには、
「コンサートを終え、
レコード会社が用意してくれた、
打ち上げに行き、
それから部屋に戻ったところから、
アタマがかっくりと倒れて、
あわてて時計を見た午前2時半までの、
記憶が薄い」と、書かれてありました。

あれだけのエネルギッシュな、
ステージを終えたあと、
ホールのロビーで、
CDを買ってくださったお客様に、
一人ひとりサインをして差し上げて、
そのあと打ち上げがあって、
帰宅ですから、
さぞ大変だったことと思います。

黒柳さんの車椅子での熱演と、
クミコさんの熱唱。

これは、
未だに病気の残滓が、
居座っている私にとって、
最強の「良薬」となりました。


willbe interview

masuda2 koukami2 joki2

ブログの感想お待ちしています!
(残間より)

電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

残間里江子出演情報

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

6/23(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿氏と司会を務めます。

毎日新聞・毎週金曜夕刊連載中
毎日新聞・夕刊の金曜日のコーナー「人生は夕方から楽しくなる」内でコラム連載中。
タイトル「もう一度花咲かせよう」



プロフィール

残間里江子(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
近著に『閉じる幸せ』(岩波新書)




Projects



Programs & Events



最近のブログ記事