ホーム>残間里江子のブログ>【3/8】「長命寺」VS「道明寺」桜餅の東西決戦は如何に………。

毎日更新しています! クラブ・ウィルビー代表 残間里江子ブログ 波乱万丈、雨、アラレ 残間里江子が出会ったヒト、気になったモノ、体験したコトなどを紹介しています

フォトアルバム

3月12日(日)

IMG_1220

IMG_1221

街角で春を見つけました。

3月11日(土)

IMG_1203

「Superstar」を実際に歌ってお手本を見せてくださいました。

IMG_1209

合唱団員の質問にも丁寧に答えてくだった、今陽子さん。

3月8日(水)


桜餅東西対決。左は関東、右が関西。

3月7日(火)


我家の「ふくしまサクラモリプロジェクト」の桜も満開になりました!

3月3日(金)

IMG_1156

「おしゃべりラボ」の収録にてコミュニティデザイナーの山崎亮さんと。

3月2日(木)

IMG_1150

世田谷「荏原」にて「婦・女子会」。

2月28日(火)

IMG_0993

新大阪へ向かう車窓から。まだ山頂は雪化粧でした。

IMG_0994

第9回プレミア和歌山推奨品発表会内覧会に出席。

IMG_1021

パートナーの泉麻人さんと山本一力さんも駆けつけてくださいました。

IMG_1025

審査員特別賞・奨励賞授賞式の様子。

IMG_1040

「棕櫚たわし檜柄」で特別賞を受賞した株式会社コーゾー・高田さんを囲んで。

IMG_1091

審査員特別賞、「高田耕造商店 紀州産からだ用棕櫚たわし檜柄」

IMG_1130

たわし作りを体験される泉さん。

IMG_1070

説明を伺いながら、審査員奨励賞、「一六一八 実 あらかわの桃」に舌鼓を打つ山本さん。

IMG_1081

審査員奨励賞、「本ノ字饅頭」を召し上がる泉さん。

IMG_1149

審査員奨励賞、「竹スピーカーkaguya」

IMG_1088

スピーカー好きという山本さん、熱心に話を伺っていました。

IMG_1123

IMG_1119

IMG_1112

IMG_1106

IMG_1097

IMG_1104

IMG_1096

平成28年度に新たに認定された製品の一部。今年も魅力溢れる商品が集まりました。

2月26日(日)

IMG_0985

我が家の桜も咲き始めました!

2月22日(水)

IMG_0982

生島ラジオに「ふくしまサクラモリプロジェクト」の桜を持参。

2月16日(木)

20170217_0001

うちに来たばかりのジェリクル。

20170217_0002

枕にされるジェリクル。

20170217_0003

成猫ジェリクル。

2月12日(日)

IMG_0979

「SLOW MOVEMENT」総合演出の栗栖良依さんと。

IMG_0977

青山・スパイラルホールで開催された「SLOW MOVEMENT ‒Next Stage Showcase & Forum‒」。

2月9日(木)

IMG_0969

「おしゃべりラボ」のゲスト、建築家の西田司さんと。

2月5日(日)

IMG_0961

IMG_0967

大船観音寺で見つけた早咲き桜

IMG_0965

白梅も見かけました。春はもうそこまで来ている?

2月4日(土)

IMG_0950

杉山愛さんと。

IMG_0959

「神奈川なでしこブランド」認定者のみなさんと。

1月31日(火)

up_IMG_0940

新幹線の車窓から綺麗に富士山が見えました。

1月29日(日)


「2017年新春の集い」。全国からたくさんのメンバーが集まりました。


新春トーク「2017時代の潮流」。ゲストは寺島実郎さんと古市憲寿さん。


トーク終了後、古市さんと。


各テーブルをまわってメンバーと談笑。


懇親を経て、メンバーの輪も広がったようです。


会場のホテル椿山荘東京の庭園には、もう早咲きの桜が。

1月25日(水)


フジサンケイグループ広告大賞。審査員の方々と。

1月24日(火)


東海道新幹線の車窓からの雪景色。名古屋を過ぎたあたり。

米原を通過する頃には雪はひどくなり、何も見えなくなりました。

和歌山は前夜の雪が残っていました。

1月23日(月)


東京国際キルトフェスティバル。三浦百惠さんの作品。




百惠さんの師、鷲沢玲子先生の作品。

1月13日(金)


「ギャラクシー」は下方になります(撮影の角度を間違えました! でも専用庭はあります)


庭園内ではところどころで梅が咲いています。

1月3日(火)

IMG_0811

ハイビスカス

IMG_0838

海の色の変わっているところがパワースポットだそうです

IMG_0840

息子が買ってきたマラサダ

IMG_0842

3種のスパムおにぎり

1月2日(月)

IMG_0827

ハワイで一番おいしいと言われているロコモコ丼とエッグベネディクト

1月1日(日)

IMG_0816

IMG_0817

IMG_0818

出雲大社の様子

IMG_0813

出雲大社に並んでいる人々

IMG_0819

寒いのに泳いでいる人々

IMG_0821

元旦の日の入り

【3/8】「長命寺」VS「道明寺」桜餅の東西決戦は如何に………。

2017/03/08 08:45

第3132回
23時52分

朝、生島さんの番組に出るので、
夕べはいつもより早く、
ベッドに入ったのですが、
午前2時半には、
起きてしまいました。
4時に起きれば、
十分間に合うのですから、
まだ1時間半もあるのですが、
「二度寝」が出来ないたちなので、
そのまま起きて、
髪を洗ったり、
パックをしたりしたのですが、
(寝不足ですから、効果薄ですが)
それでも時間があったので、
手紙と葉書を、
各1通ずつ書きました。

4時すぎに、
TBSラジオから送られてきた資料は、
若者の人口減少が著しいため、
廃校の危機を迎えている、
地方の公立高校が多くなっているので、
受験生を地元に限らず、
今春は134校が、
全国募集を決めたというニュースと、
あまりの超低金利に、
契約者から預かった保険料の、
運用利回りが低迷しているため、
終身保険や個人年金保険などの、
「貯蓄性商品」の保険料が、
軒並み値上げに踏み切ることになった話と、
三越伊勢丹2トップ退任の話、
大阪府が「森友小の不認可」を、
検討しているというもので、
ディレクター氏によれば、
デパートの不振も、
生保の値上げも、
地方の高校が全国募集をするのも、
基本的には、
少子化と高齢化の影響なので、
「その辺の話になると思います」という、
下打ち合わせをして、
生島さんからの呼びかけを待ちました。

生島さんは、
番組の緊張感を保つ為に、
ゲストに対しても、
その時々いろんな方向から、
矢を放って来る方で、
私も毎回覚悟はしているのですが、
今日は安倍昭恵さんの、
話から問いかけて来ました。

昭恵夫人のあとは、
これまた資料も来ていない、
宅配業者が苦境に立っている話と、
最後は残りの80秒程度で、
三越伊勢丹のトップ交代の話を聞かれ、
各地の公立高校のユニークな、
カリキュラムについて、
重点的に調べていた私の思惑は、
見事に外れました。

せっかく調べましたので、
地方の公立高校が、
生徒を全国募集するという話を、
少しだけ書かせていただきますね。

これまでは原則として、
地方の公立高校の入学生は、
地元自治体の居住者しか、
認めてこなかったのが、
「特例」という形にせよ、
各地の教育委員会が認めれば、
実現できるようになったのだそうです。

親元から離れるという意味では、
「国内留学」とも言えるもので、
自主性も磨かれるし、
地域や地方の実態を知る、
機会にもなるので、
個人的にはいいことだと思い、
各校の魅力的なプログラムを、
調べてみました。

JAXAと連携し、
宇宙やロケット開発の勉強が出来る、
全寮制の鹿児島県立楠隼中学・高校や、
島根県隠岐島の、
県立隠岐島前高校の「島留学」制度、
信楽焼の技術が学べる滋賀県立信楽高校、
近年多くの外国人が訪れる、
長野県白馬の県立白馬高校の、
英語力に力を入れた「国際観光科」の新設など、
地域と学校が懸命に考えたプランが、
「地方創生」にも繋がっていて、
応援したくなります。
(番組では、
発表できませんでしたが、
こうしてみなさまに、
読んでいただけるのですから、
幸せです)

水曜の朝は、
小テストの日のようで、
何が出題されるのか、
ドキドキもするのですが、
早朝の2時間、
頭がクリアなうちに、
時事ニュースの集中学習が出来るのは、
頭の体操が出来て、
充実したひとときです。

午後1時からの、
文化放送「大人ファンクラブ」の収録では、
桜の話になり、
京都生まれ・京都育ちの大垣さんが、
関東と関西の「桜餅」の違いを、
現物を持ってきて、
説明してくださいました。

関東の桜餅は「長命寺」と呼び、
関西では「道明寺」と呼びます。
関東の「長命寺」は、
小麦粉で作った生地を、
クレープのように、
薄く焼いて作った皮に、
こし餡を包みます。

江戸から渡って行った、
関西の「道明寺」は、
道明寺粉を使って作った皮で、
餡を包むのですが、
この粉が単なる粉ではなく、
もち米を蒸して乾燥させた後、
粗く挽いたものなので、
皮と言うよりは、
オハギのような食感です。
(道明寺粉は高級品なので、
もち米を代用に使うことが多いそうです)

大垣さんは、
東京で桜餅を食べた時、
騙された気がして、
お菓子屋さんを怒ったそうです。

桜餅ですから、
関東も関西も最後は
塩漬けされた桜の葉で包むのですが、
関東の桜餅は、
ただ包んであるので、
葉をはがして食べる人が多く、
関西の桜餅は、
葉が餅にピッタリくっついているので、
餅と一緒に葉を食べるのが、
一般的なようです。
(でも最近の統計では、
関西の桜餅の葉を残す人の方が、
多くなったとも言われています)

「関西桜餅派」の大垣さんが、
「桜餅の葉は食べるものです!」と言うので、
私は関西と関東の両方の桜餅を、
桜の葉と一緒に食べました。
(水谷アナは、
関西の桜餅は葉も食べていましたが、
関東の桜餅の葉は、
こっそり残していたようです)

私は、
大鍋に半分以上残っていた、
件(くだん)の野菜スープを、
野菜カレーにアレンジしたものを、
食べて来たばかりだというのに、
「季節ものだし、
大垣さんがせっかく、
買って来てくれたのだから」と、
言い訳をしながら、
関東と関西の桜餅を二つ、
ペロリと平らげてしまいました。

もうじき薄物の季節だというのに、
ハワイで胃拡張になった胃袋が、
なかなか元に戻りません。
膝の為にも、
あと2キロは、
何とかしなければならないのですが………。

残間里江子出演情報

4/1(土) あさ7時40分~8時00分
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

Social Designに取り組んでいるゲストを迎えて、わかりやすくSocial Designの魅力をお伝えする番組!残間はコメンテーターとして出演中。

4/1(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます!

4/2(日) あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎日新聞・毎週金曜夕刊連載中
毎日新聞・夕刊の金曜日のコーナー「人生は夕方から楽しくなる」内でコラム連載中。
タイトル「もう一度花咲かせよう」


プロフィール

残間里江子(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
近著に『閉じる幸せ』(岩波新書)



ブログの感想お待ちしています!
(残間より)

電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

以前のブログ。コメント欄もあります

「駄目で元々 雨、アラレ。」


Projects



Programs & Events



最近のブログ記事