ホーム>残間里江子のブログ>【2/16】亡き愛猫を懐かしく思い出せる日が帰ってきました。

毎日更新しています! クラブ・ウィルビー代表 残間里江子ブログ 波乱万丈、雨、アラレ 残間里江子が出会ったヒト、気になったモノ、体験したコトなどを紹介しています

フォトアルバム

3月12日(日)

IMG_1220

IMG_1221

街角で春を見つけました。

3月11日(土)

IMG_1203

「Superstar」を実際に歌ってお手本を見せてくださいました。

IMG_1209

合唱団員の質問にも丁寧に答えてくだった、今陽子さん。

3月8日(水)


桜餅東西対決。左は関東、右が関西。

3月7日(火)


我家の「ふくしまサクラモリプロジェクト」の桜も満開になりました!

3月3日(金)

IMG_1156

「おしゃべりラボ」の収録にてコミュニティデザイナーの山崎亮さんと。

3月2日(木)

IMG_1150

世田谷「荏原」にて「婦・女子会」。

2月28日(火)

IMG_0993

新大阪へ向かう車窓から。まだ山頂は雪化粧でした。

IMG_0994

第9回プレミア和歌山推奨品発表会内覧会に出席。

IMG_1021

パートナーの泉麻人さんと山本一力さんも駆けつけてくださいました。

IMG_1025

審査員特別賞・奨励賞授賞式の様子。

IMG_1040

「棕櫚たわし檜柄」で特別賞を受賞した株式会社コーゾー・高田さんを囲んで。

IMG_1091

審査員特別賞、「高田耕造商店 紀州産からだ用棕櫚たわし檜柄」

IMG_1130

たわし作りを体験される泉さん。

IMG_1070

説明を伺いながら、審査員奨励賞、「一六一八 実 あらかわの桃」に舌鼓を打つ山本さん。

IMG_1081

審査員奨励賞、「本ノ字饅頭」を召し上がる泉さん。

IMG_1149

審査員奨励賞、「竹スピーカーkaguya」

IMG_1088

スピーカー好きという山本さん、熱心に話を伺っていました。

IMG_1123

IMG_1119

IMG_1112

IMG_1106

IMG_1097

IMG_1104

IMG_1096

平成28年度に新たに認定された製品の一部。今年も魅力溢れる商品が集まりました。

2月26日(日)

IMG_0985

我が家の桜も咲き始めました!

2月22日(水)

IMG_0982

生島ラジオに「ふくしまサクラモリプロジェクト」の桜を持参。

2月16日(木)

20170217_0001

うちに来たばかりのジェリクル。

20170217_0002

枕にされるジェリクル。

20170217_0003

成猫ジェリクル。

2月12日(日)

IMG_0979

「SLOW MOVEMENT」総合演出の栗栖良依さんと。

IMG_0977

青山・スパイラルホールで開催された「SLOW MOVEMENT ‒Next Stage Showcase & Forum‒」。

2月9日(木)

IMG_0969

「おしゃべりラボ」のゲスト、建築家の西田司さんと。

2月5日(日)

IMG_0961

IMG_0967

大船観音寺で見つけた早咲き桜

IMG_0965

白梅も見かけました。春はもうそこまで来ている?

2月4日(土)

IMG_0950

杉山愛さんと。

IMG_0959

「神奈川なでしこブランド」認定者のみなさんと。

1月31日(火)

up_IMG_0940

新幹線の車窓から綺麗に富士山が見えました。

1月29日(日)


「2017年新春の集い」。全国からたくさんのメンバーが集まりました。


新春トーク「2017時代の潮流」。ゲストは寺島実郎さんと古市憲寿さん。


トーク終了後、古市さんと。


各テーブルをまわってメンバーと談笑。


懇親を経て、メンバーの輪も広がったようです。


会場のホテル椿山荘東京の庭園には、もう早咲きの桜が。

1月25日(水)


フジサンケイグループ広告大賞。審査員の方々と。

1月24日(火)


東海道新幹線の車窓からの雪景色。名古屋を過ぎたあたり。

米原を通過する頃には雪はひどくなり、何も見えなくなりました。

和歌山は前夜の雪が残っていました。

1月23日(月)


東京国際キルトフェスティバル。三浦百惠さんの作品。




百惠さんの師、鷲沢玲子先生の作品。

1月13日(金)


「ギャラクシー」は下方になります(撮影の角度を間違えました! でも専用庭はあります)


庭園内ではところどころで梅が咲いています。

1月3日(火)

IMG_0811

ハイビスカス

IMG_0838

海の色の変わっているところがパワースポットだそうです

IMG_0840

息子が買ってきたマラサダ

IMG_0842

3種のスパムおにぎり

1月2日(月)

IMG_0827

ハワイで一番おいしいと言われているロコモコ丼とエッグベネディクト

1月1日(日)

IMG_0816

IMG_0817

IMG_0818

出雲大社の様子

IMG_0813

出雲大社に並んでいる人々

IMG_0819

寒いのに泳いでいる人々

IMG_0821

元旦の日の入り

【2/16】亡き愛猫を懐かしく思い出せる日が帰ってきました。

2017/02/16 22:45

第3112回
24時41分

今朝、
気がついたのですが、
昨日は、
愛猫・ジェリクルの命日でした。
「ジェリクル」という名前は、
ミュージカル「キャッツ」に、
因んでつけたのです。
劇中、
その年一番輝いた猫のことを、
「ジェリクル・キャット」と呼び、
老いた娼婦猫のグリザベラが選ばれて、
あの名曲「メモリー」を歌うという、
シーンがあるのですが、
我が愛猫は、
「キャッツ」日本初演の年に生まれ、
我が家に来たので、
「ジェリクル」と命名したのです。
今から34年前のことです。

12年間生きて、
死んだのは21年前です。
息子が4月に小学校に上がるので、
家と会社と学校を、
10分圏内に集めようと思い、
会社の近くに、
引っ越しを決めた1月の中旬までは、
元気だったのが、
次に移るマンションが、
「動物はNO」だと判明した夜、
契約を取り消すか、
実家に連れて行こうかなどと、
悩んでいた時、
急に血を吐いたのです。
次の日から、
水を飲むだけで、
ものを食べなくなり、
1ヶ月も経たないうちに、
死んでしまったのです。

それまで住んでいたマンションと、
移転先に決めたマンションは、
同じ不動産会社の所有だったので、
これまで通り、
「動物はOK」だとばかり思っていたら、
移る予定のマンションは、
動物を飼うことは禁止だったのです。

猫特有の勘で、
全てを察知して、
姿を消したような気がして、
当時は随分悔やんだものです。

かかりつけの獣医さんの紹介で、
葬儀は杉並の動物霊園で、
執り行うことにしたのですが、
私は講演の仕事が入っていて、
東京にいられなかったので、
6歳の息子が喪主になり、
(「喪主」とはどんな存在なのかを、
何度も説明して)
母やナカヤマが列席してくれて、
葬儀を済ませました。

いざ、
火葬という段階になった時、
息子が遺骸に抱きついて、
「焼いちゃいやだ!」と泣き叫ぶのを、
「でも火葬にしないと、
ジェリちゃんも可哀想なのよ」と、
ナカヤマがとりなしてくれて、
やっと火葬をすることが出来たそうです。
(………息子のあの頃の優しさは、
どこに行ったのでしょう。
尤もあれは私にではなく、
ジェリクルに対してでしたが)

今朝、
ジェリクルの小さな位牌に、
手を合わせ、
「昨日は忘れてしまってごめんね」と、
お詫びをしました。

私が最も激しく生きた日々を共にし、
母も息子もナカヤマも知らない、
私の独り言を聞き、
誰にも見せない涙を何度も見たジェリクル。
私の心の支えでした。

母と暮らすようになってから、
とりわけ、
母の最期までの4年間は、
ジェリクルをこんな風に、
思い出すことはありませんでした。
今、こうしてジェリクルのことを、
思い出せるのは、
私に心穏やかな日常が帰ってきたという、
ことなのかもしれません。
(すみません、
長々と昔の猫のことなどを書いて………)

さて、
本日収録した、
BS-TBSの「Together」は、
willbeメンバーのみなさんも、
多数ご観覧くださって、
打ち解けた楽しい時間でした。

久しぶりにお会いした、
田原総一朗さんは、
いいお話をしてくださいましたし、
藤田宜永さん、高坂勝さんも、
熱のこもったお話をしてくださいました。
テレビ東京の「バイプレーヤーズ」が好評の、
映画監督・松居大悟さんも、
いっそう素敵な男性になっていましたし、
16歳になった春名風花さんと、
女子高生社長から女子大生社長になった、
椎木里佳さんはキラキラ輝くような、
美しさを湛えていました。
初出演の恋愛カウンセラー、
羽林由鶴さんの、
説得力あるお話もさすがでした。

プロデューサーやディレクターによれば、
80代から10代までの、
(クロスジェネレーション!)
それぞれの道の専門家が、
お一人お一人の悩みに、
真剣に向き合ってくれるというので、
最近、あちこちで話題になっているとか。
嬉しい限りです。
(本日収録した番組は、
3月4日(土)と4月1日(土)の、
23時からBS-TBSで放送されます。
ご覧いただけたら幸せです)

残間里江子出演情報

4/1(土) あさ7時40分~8時00分
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

Social Designに取り組んでいるゲストを迎えて、わかりやすくSocial Designの魅力をお伝えする番組!残間はコメンテーターとして出演中。

4/1(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます!

4/2(日) あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎日新聞・毎週金曜夕刊連載中
毎日新聞・夕刊の金曜日のコーナー「人生は夕方から楽しくなる」内でコラム連載中。
タイトル「もう一度花咲かせよう」


プロフィール

残間里江子(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
近著に『閉じる幸せ』(岩波新書)



ブログの感想お待ちしています!
(残間より)

電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

以前のブログ。コメント欄もあります

「駄目で元々 雨、アラレ。」


Projects



Programs & Events



最近のブログ記事