ホーム>残間里江子のブログ>【2/12】「SLOW MOVEMENT」に行って来ました。

毎日更新しています! クラブ・ウィルビー代表 残間里江子ブログ 波乱万丈、雨、アラレ 残間里江子が出会ったヒト、気になったモノ、体験したコトなどを紹介しています

フォトアルバム

9月10日(日)

willbeアカデミー3日目

0Z6A35033

中村英夫先生

0Z6A35455

中村陽一先生

0Z6A36500

willbeアカデミー全講義終了後、記念撮影。

15050253808533

willbeアカデミー無事終了。3日間お世話になった、東京大学大学院 情報学環・ダイワユビキタス学術研究館。

9月8日(金)

15050254068722

この冷却シートを貼って、熱と闘いました。

9月5日(火)

15050254246188

ニッポン放送「おしゃべりラボ」、本日のゲストは、看護師で僧侶でもある玉置妙憂さん。

9月3日(日)

willbeアカデミー2日目


廣瀬通孝先生


若新雄純先生


落合陽一先生

9月2日(土)

willbeアカデミー1日目


月尾嘉男先生


渋谷和宏先生


きたやまおさむ先生

8月30日(水)

15041622981077

劇団「態変」の主宰者、金満里さん(キム・マンリ、中央)と。ニッポン放送「おしゃべりラボ」の収録スタジオにて。

8月29日(火)

15041622708444

150416222945666

圧倒的な迫力です! 「フエルサ ブルータ WA!」に行ってきました。

8月27日(日)

15039057633733

willbe 混声合唱団 live at the 明治座 (中尾ミエさんのザ・デイサービス・ショウに特別出演!)

1503903813422

プロのリハーサルを見学させてもらいました。緊張するwillbe混声合唱団一同。

IMG_5807

練習すること夜通し20数回。 でも、不安なので、内緒のカンペも作成しておきました。

15039037650177

大成功!に終わったステージ。みなさんの笑顔の晴れやかなこと!

8月26日(土)

15039037120177

麻布十番納涼祭り。お祭りと言えば、踊りに屋台。踊りは何とか見れたけども……。

8月23日(水)

photo

生島ヒロシさんのラジオ出演後。写真中央は気象予報士の宮崎由衣子さん。

8月20日(日)

7sanpo

今日は歩きます!めざすは東京都写真美術館。

senbe1

恵比寿の路地裏。おもちゃ屋さんにおせんべい屋さん。恵比寿昭和街?!

4hana

歩き疲れた私の心を爽やかにしてくれた花々。

3ebisu

恵比寿ガーデンプレイス迫る!

2shashin

写真美術館に到着!荒木経惟さんの写真展「センチメンタルな旅1971~2017」開催中。

1nakaniwa

昔、幼い息子と来たガーデンプレイスの中庭。

8月16日(水)

cracco

河口洋一郎さんの作品、 巨大宇宙蟹Cracco(クラッコ)。 新宿ファーストウエスト1階。

8月13日(日)


熱海の街角の花壇。

8月10日(木)


御成門交差点の街路樹。


芝公園の片隅に咲く夏の花。


芝公園から見た東京タワー。


1年数ヶ月ぶりに歩道橋を利用しました。


TBSから桧町公園についたら18時丁度でした。(私って結構早足?)



六本木ヒルズ66プラザにはドラえもんがいっぱい。


8月8日(火)


ローソクは本数が多くなるので「不要!」と言ってバースデーケーキを持つナカヤマ。

8月5日(土)


研修後の懇親会で浴衣に着替えたワクダ。

7月28日(金)

1501490466637-1

紀州・和歌山晴天なり。

1501490507911-1

水田に山、そしてあぜ道の電柱。新幹線から見える日本の原風景。

7月24日(月)

OGURO

willbe HP インタビューを行ってきました。月刊『ソトコト』を発行している木楽舎代表 の小黒一三さんと。

7月22日(土)

supu

身長差14.5cm。講演「watashiのNext Waveを探して」にて、スプツニ子!さんと。

gasshou

willbe混声合唱団14期の最終レッスン。

ukidama

浮き球△ベースボール 「南青山ぼちぼち団」。本日の成績は、2勝1負。今期リーグ戦、初の勝ち越しです!

7月16日(日)

20170716_155231

「さて、サイクリングウェアに着替えましょう」 Together 収録後、“自転車通勤”の山本一力さんと。

7月16日(日)

20170715_184644

部屋から見えた東京の夕焼け。雲と青空が幾層にも重なって、深いオレンジを包み込んでいました。

7月15日(土)

IMG_3358

「大人世代の実践健康セミナー」で眼科医の赤星隆幸先生と。

7月8日(土)

IMG_3321

第14期の特別ゲストに中尾ミエさんをお迎えしました。

7月4日(火)

1499153909701

ふだんの静けさを取り戻した東京都庁。

1499153967512

東京都庁第一庁舎入り口付近には熊手が飾られています。

7月3日(月)

1499153876981

「おしゃべりラボ」ゲストの下村健一さんと。

7月1日(土)

1499154090581

起雲閣に足を運びました。

1499153987607

根津嘉一郎氏によって整備された庭園。

1499154028796

太宰治氏も泊まったとことがあるという和館「麒麟・大鳳」。

【2/12】「SLOW MOVEMENT」に行って来ました。

2017/02/12 22:45

第3111回
24時15分&30時08分

過日、
「フジサンケイCM大賞」の、
審査会で知り合った、
アートプロデューサーの、
栗栖良依さんにご案内いただいた、
「SLOW MOVEMENT
~Next Stage Showcase & Forum~」に、
行って来ました。
会場は青山・スパイラルホール。
障害者を支援している方や、
パフォーマーのファンの皆さんなど、
会場は満席でした。
(地方から参加した方も多く、
2部のフォーラムのあとのQ&Aコーナーで、
質問したした方は、
名古屋からいらしたと言っていました)

栗栖さんは、
「スロー厶ーブメント」の実行委員長で、
総合演出も手がけています。
立ち上げて2年が経つそうですが、
旗揚げのきっかけは、
「舞台に立ちたいと願いながらも、
演じるまでの過程に、
物理的・精神的な障害があることで、
それが叶わない人が、
大勢いる事実を知ったことから」と、
栗栖さんは言います。

マニュアルも正解もない、
手探り状態の中で、
チームの仲間たちと2年間、
地道に試行錯誤を続けてきて、
「成果の発表」が今日だったようです。
たまたま会場で会った知人は、
「今日のパフォーマンスは、
これまでで一番良かったと思います」と、
言っていました。

第1部のショーケースでは、
2つの作品を観せていただきました。

最初は、
中学時代から大道芸を始め、
日本人で初めて、
フランス国立サーカス大学へ留学し、
(こういう大学があるのを初めて知りました)
卒業後「CYRK13」というサーカスで、
2年間ヨーロッパツアーをして、
その後、
「フランス現代サーカスカンパニー」を立ち上げ、
35カ国で公演をした経験を持つ、
サーカスアーティストの金井ケイスケさんの、
演出・振り付けによる「Wonder of View」
(多様な身体が織り成す現代サーカス)です。

リオ五輪の閉会式で、
東京オリンピック・パラリンピックの
FLAG HANDOVER SEGMENT
(五輪旗の引き継ぎ式)で、
見事なダンスを見せてくれた、
義足のダンサー・大前光市さんや、
「二分脊椎症」という、
障害を持って生まれ、
システムエンジニアとして働いていて、
一昨年から表現活動を始めたという、
車椅子パフォーマー・かんばらけんたさん、
やはり「二分脊椎症・側湾症」を持って生まれ、
18歳から芝居を始めたという、
義足の女優・森田かずよさんらによる、
空中パフォーマンスを入れ込んだ、
圧巻のダンス&サーカスでした。

二つ目のプログラムは、
ダンス劇作家で自らもダンサーの、
熊谷拓明さん演出・振り付けによる
「聞こえなくても、聞こえても『ダンス劇』」で、
先天性聴覚障害を持ち、
筑波技術大学のダンスサークルに所属して、
ストリートダンスを学んだという、
1995年生まれの、
若きダンサー・鹿子澤拳さんと、
1989年生まれで、
5歳からモダンダンスを始め、
大学で創作ダンスを学んだという、
手話を華麗に操る聾者の、
女性ダンサー・南雲麻衣さんによる、
ダンス劇でした。
(南雲さんの手話劇は、
手指の動きが本当に美しく、
見とれてしまいました)

最初のプログラムは、
タイトル通り、
健常ダンサーと一緒の、
(という言い方も変ですが……)
パフォーマンスだったのですが、
目に映る身体のかたちは違いますが、
健常者と障害者の境界線など、
忘れてしまう作品でした。

2部のフォーラムで、
進行役の栗栖さんが、
「障害を持った人が、
舞台芸術をやりたいと思っても、
入れてくれるダンス教室が、
少なすぎるのも問題ですが、
その前に親御さんの理解や、
送り迎えをどうするかなども含めて、
周りの方の支援がないと、
出来ないのも現実です」と言っていましたが、
たしかにそこは大きな課題だと思いました。
(親御さんの多くは、
「我が子の障害を人前に曝したくない」と、
おっしゃるそうです)

………まだ幼児と言ってもいい、
子どもから、
かなりのお年寄りまで、
まさに老若男女の壁をも取り払った、
多様な観客の中で、
全身を使って活き活きと表現をする、
パフォーマーたちを見ていると、
忘れかけていた「アートの強さ」を、
再認識しました。

私が、
「国際アビリンピック」の、
(身体の不自由な人の技能五輪)
総合プロデューサーを務めた、
2007年からはや10年、
栗栖さんのような方の登場で、
「障害」の捉えられ方が、
変わってきたことを、
実感することも出来て、
素敵な一日となりました。

willbe interview

oguro2 hukui2

残間里江子出演情報

9/30(土) あさ7時40分~8時00分
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

Social Designに取り組んでいるゲストを迎えて、わかりやすくSocial Designの魅力をお伝えする番組!残間はコメンテーターとして出演中。

10/1(日) あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

10/7(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿氏と司会を務めます。willbeメンバーも出演中!


毎日新聞・毎週金曜夕刊連載中
毎日新聞・夕刊の金曜日のコーナー「人生は夕方から楽しくなる」内でコラム連載中。
タイトル「もう一度花咲かせよう」


プロフィール

残間里江子(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
近著に『閉じる幸せ』(岩波新書)



ブログの感想お待ちしています!
(残間より)

電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

Projects



Programs & Events



最近のブログ記事