ホーム>Programs & Events>「直島・犬島・豊島アートツアー」

「直島・犬島・豊島アートツアー」

第一次募集を締め切りました。
若干名を追加で募集いたします。

詳しくは「お申込み」欄をご確認願います。






直島、犬島、豊島 世界が注目する「現代アートの島」。
早春の瀬戸内海、鑑賞の旅に一緒に出かけませんか。



草間彌生"南瓜" 写真:安斎重男
宿泊するベネッセハウス近くに設置されています。


残間のブログでも頻繁に登場する直島。瀬戸内海にあるこの島は、自然の風景や地域の日常の中に現代アートや建築が点在しており、世界各国からも多くの人が訪れる人気の場所です。

その中心的な役割を担ってきたのが、株式会社ベネッセホールディングスと公益財団法人 福武財団。香川県の直島、豊島、そして岡山県の犬島の三つの島を舞台に、アート活動「ベネッセアートサイト直島」を展開してきました。

今回、ベネッセハウスの協力を得て、このウィルビーメンバー限定のツアーを共同企画をいたしました。残間と一緒に、瀬戸内海に浮かぶ直島、犬島、豊島を体験してみませんか?

ツアー概要(予定)

細部を調整中で、一部変更の可能性がございます。本申込の際の「募集チラシ」でご確認の上、お申込みをお願いします。
安全で快適な旅をお楽しみいただくため、ツアーの企画・実施は、株式会社直島文化村 ベネッセハウス ツアーデスクが担当いたします。

日程2018年2月18日(日)~2月19日(月)
旅行代金大人1名 69,500円(1室2名様利用)~79,500円(1室1名様利用)
宿泊ベネッセハウス パークツインまたはパークダブル
2月18日(日) 時刻日程食事
宮浦港
集合
13:40専用車にて直島のアートを鑑賞 
  家プロジェクト他・ガイド付き特別ツアー、ANDO MUSEUM 
  地中美術館 
  ベネッセハウス ミュージアム・ギャラリーツアー 
 18:00頃ベネッセハウス パークへチェックイン 
 18:30~テラスレストランにてコース料理の夕食夕:○
 20:00頃~夕食後、残間里江子を交えて懇親会(お飲み物のご用意あります) 
2月19日(月)時刻日程食事
 9:00発ベネッセハウス パークをチェックアウト後、専用車にて本村港へ朝:○
本村港9:10 チャーター船にて犬島へ 
犬島港10:00着到着後、徒歩にて犬島ガイド付き鑑賞ツアー 
  犬島精錬所美術館、犬島「家プロジェクト」 
犬島港12:00発チャーター船にて豊島へ 
家浦港12:25着海のレストランで昼食昼:○
  専用車にて豊島ガイド付き鑑賞ツアー
心臓音のアーカイブ、豊島美術館、豊島横尾館
 
家浦港16:00発チャーター船にて直島へ 
宮浦港16:25着到着後、解散 

お申込み



■ お申込みスケジュール

<仮予約 お申込期日  2018年1月4日(木)>
「株式会社直島文化村 ベネッセハウス ツアーデスク」のWEB予約システムからお申込みください。
仮予約→本予約となりますので、下のお申込みのスケジュールもあわせてご確認願います。



<結果のご連絡と本申込 1月9日(火)> 
募集チラシ・旅行条件書・旅行申込書を、ツアーデスクがメールで送信します。
それらの書面を最終ご確認のうえ、本ツアーをお申込みください。





<第二次受付 ~順次> 
ご希望の方は、「メンバーご登録のメールアドレス」から
下のメールアドレスにご連絡ください。

◆宛先
member@club-willbe.jp

◆メールにお書きいただきたいこと
・お名前
・参加人数とお部屋の希望
  1名参加(シングル)
  1名参加(メンバーとの相部屋で2名1室利用)
  2名参加(ツイン)

◆ご案内
下の形でご連絡をさせていただきます。
ご希望者が多い場合は、都度抽選いたします。

・第二次受付の若干名分
  → 1月10日(水)までにご連絡いただいた方々の中から。
    1月11日(木)にご連絡。

・(1月10日以降で)キャンセルの方がいらっしゃった場合
  → その都度、ご連絡。





●旅行実施・企画/ツアーお申込み・お問合せ
株式会社直島文化村 ベネッセハウス ツアーデスク
〒761-3110香川県香川郡直島町364番地1
電話:087-892-3246
ファクス:087-892-2166
営業時間:日祝日・年末年始を除く、9時~16時
(社)全国旅行業協会正会員
総合旅行業務取扱管理者 上本廣昭


●共同企画/クラブ・ウィルビーのお問合せ
クラブ・ウィルビー
〒107-0062東京都港区南青山5-10-5 青山ハイツ503
電話:03-3400-2233
ファクス:03-3400-2230
営業時間:土・日・祝日・年末年始を除く、10時~18時
担当 中山むつ枝 廣森真史



参考資料

直島


地中美術館 写真:藤塚光政
瀬戸内の美しい景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設された「地中美術館」。クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が安藤忠雄氏設計の建物に恒久設置されています。地下でありながら自然光が降り注ぎ、季節や天候などによって変化する表情をお楽しみください。


ベネッセハウス 写真:山本糾
宿泊は、安藤忠雄氏設計で「美術館に泊まるホテル」とも称される「ベネッセハウス」




犬島、豊島


犬島精錬所美術館 写真:阿野太一
犬島の近代化産業遺産である製錬所の遺構を保存・再生した「犬島精錬所美術館」。環境に負荷を与えない三分一博志の建築と三島由紀夫をモチーフにした柳幸典の作品を展示するなど、「遺産・建築・現代アート・環境」による循環型社会を意識したプロジェクトです。



豊島美術館 写真:鈴木研一
アーティスト・内藤礼氏と建築家・西沢立衛氏による「豊島美術館」。水滴のような形の建物は、空間に柱が1本もないコンクリート・シェル構造。天井にある2ヵ所の開口部から、周囲の風、音、光を内部に直接取り込む空間で、湧き出した水が泉を形作る作品「母型」をご鑑賞いただきます。






Projects

willbe Interview