ホーム>Programs & Events>2017年7/11(火)開催「赤星隆幸先生 大人世代の実践健康セミナー」

2017年7/11(火)開催「赤星隆幸先生 大人世代の実践健康セミナー」

受付終了しました。
多数のご応募ありがとうございます。




健康のこと、身体のこと。
一緒に考えましょう。


JR東日本「大人の休日倶楽部」と共催する
「大人世代の実践健康セミナー」。
大人世代の病気予防、健康づくり、
さらには生き方をテーマとした人気のシリーズ企画です。

今回は眼科医、白内障手術のエキスパート赤星隆幸先生
(三井記念病院 眼科部長)
をお迎えします。

白内障は目の中の水晶体(レンズ)が曇る病気。
その多くの原因は、加齢による目の老化で、
60歳を超えると大抵の人の眼には
多かれ少なかれ白内障が出てくると言われています。

赤星先生は、白内障の新手術法を考案して、
年間約1万件の手術を執刀、
患者さんのクリアな視界を取り戻してきました。
その術式は海外でも高い評価を得ていて、
この3月には、
世界で最も白内障手術に貢献した眼科医に対しその功績を讃える「ケルマン賞」を
日本人として初授賞されました。

今回のセミナーでは、赤星先生から、
白内障のこと、その手術の歴史と最新治療について
お話いただきます。

残間との対談も予定しております。




「大人世代の実践健康セミナー」

「白内障手術の歴史と最新治療」
赤星隆幸
先生(三井記念病院 眼科部長)

 1957年、神奈川県生まれ。自治医科大学卒業。
 自治医科大学眼科研究院、東京大学医学部付属病院、
 東京女子医科大学糖尿病センターなどを経て、
 '91年、三井記念病院眼科長。'92年より現職。
 '92年に白内障手術の新しい術式「フェイコ・プレチョップ法」を考案し、
 年間1万件の手術を執刀する。
 その傍ら、世界各国の眼科学会に招聘され、66カ国で
 講演・公開手術を通じて次の世代の眼科医に積極的な指導を行っている。
 復旦大学(旧上海医科大学)眼科客員教授、
 ハルピン医科大学眼科客員教授、
 米国イリノイ大学眼科客員教授歴任。
 日本橋白内障クリニック、秋葉原アイクリニック委託執刀医。

【日時】 2017年7月11日(火)
     13:30開場(受付開始)
     14:00開演 15:30頃閉会予定

【募集人数】50名

【会場】ステーションコンファレンス万世橋
 東京都千代田区神田須田町1-25
 JR「秋葉原」駅 電気街口徒歩4分
 JR「御茶ノ水」駅 聖橋口徒歩6分
 JR「神田」駅 北口徒歩6分


【お申込み方法】
受付は終了いたしました。多数のご応募ありがとうございます。

【お申込みにあたっては以下を必ずご確認ください】
当日の様子を撮影し、クラブ・ウィルビーのホームページや広報活動に使用させて頂きます。
また雑誌等の外部取材・撮影が入る可能性もございますので、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

【お申込後について】
お申込内容をご確認させて頂いた後、メールにてご連絡致します。
参加費は当日お支払いとなります。

※ご連絡に数日お時間を頂くこともございます。予めご了承ください。
お申込後、土日祝を除く平日2日経っても連絡がない場合はお手数おかけ致しますが、事務局までお知らせください。








--- お問い合わせ先 ---
クラブ・ウィルビー事務局
電話:03‐3400‐2233(平日10:00~18:00)
電子メール: kenko@club-willbe.jp

※ご回答に数日いただく場合がございます。


Projects

willbe Interview