ホーム>Member News>サポーティングメンバー>枝廣淳子さん(環境ジャーナリスト/翻訳家)

枝廣淳子さん(環境ジャーナリスト/翻訳家)

2015.12.11

物事の本質を見抜く"システム思考"入門書

『世界がもし100人の村だったら』の原案コラムを執筆したことで知られるドネラ・メドウズ。物事の一部だけを見ず、全体を見るべきだという『システム思考』の考え方を世界に広めたことでも非常に有名です。

翻訳家の枝廣淳子さんは、日本におけるシステム思考研究の第一人者。メドウズの著作も数多く邦訳しています。
このたび枝廣さんが翻訳したのは、メドウズのエッセイを厳選して集めた『システム思考をはじめてみよう』です。

現状を変化させなければ自滅してしまうとわかっている人たちが、変化を選択できないのはなぜなのか。
成功者がさらに成功してしまう社会はなぜ生まれるのか……。

上手くいかない毎日から、地球環境の問題まで、「隠された問題の本質を見ぬく」という考え方からあらゆる社会の改善点に切り込みます。
やさしい言葉と身近な題材で語られる、システム思考「超入門書」です。

「変化に翻弄されるのではなく、先手を打って進んで行きたい方へ。そして、これまでどおりではない考え方やものの見方を身につけたいと思う方へ、このエッセイがお役に立てば幸いです」(枝廣さん)


1211edahiro

システム思考をはじめてみよう
枝廣淳子著/英治出版/1,200円(税別)



サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events



Projects