ホーム>Member News>サポーティングメンバー>郡 裕美さん(建築家)

郡 裕美さん(建築家)

2015.10.27

ブラジルの美術展覧会で作品を制作

建築家の郡 裕美さんは、10月3日から12月6日までクリチバ・ビエンナーレ2015(BIENAL INTERNACIONAL DE CURITIBA、ブラジル)で空間芸術作品を展示しています。

クリチバ・ビエンナーレ2015とは、ブラジル南部の都市クリチバで行われる美術展示会。クリチバ内の美術館、文化センター、ギャラリー、アートスペースなど、100箇所以上での展示が行われます。

郡さんの作品は『オスカー・ニーマイヤー美術館』に設置。
この美術館は巨大な目の形をしており、瞳にあたる部分は二重ガラス。ガラスの間には黒い布が張ってあり、内側から景色を見ることはできません。

1027kori_1

郡さんは今回の作品で、この美術館=「閉じられた目」がはるか彼方を見通すことを表現しました。

作品は長さ30m巾10m高さ10m。
建物の瞳にあたる黒いガラス壁の内側に13本の青い光のシリンダーを並べ、また、部屋の両端にガラス板を設置。反射の力で青い光は壁を突き抜け、光のシリンダーは無限に増幅し、空間は拡張され「永遠の時間」が生まれます。

1027kori_2

作品タイトルは『Haruka』。人々がそれぞれのもつ「限界」を超え、はるか彼方まで見通す力を得ることを祈り名づけられています。

「作品はすべて現地で作りました。あらかじめ指定した材料はことごとく間違っており、しかも英語も日本語も通じない環境で、何をするのも本当に大変でしたが、なんとか納得のいく作品ができあがりました」(郡さん)

クリチバ:ブラジル・パラナ州の州都。ブラジルで初めて大学や路面電車が敷設されるなど、ブラジル南部最大かつ、有数の富裕な都市。
厳しい区画管理、交通量の抑制、歴史的建造物の保全、利便性の高い公共輸送システムの構築など「人間のための都市計画」が実施され成功したことで有名。




HARUKA(2015年クリチバ・ビエンナーレ参加作品)
会期:10月3日から12月6日まで。
会場:オスカー ニーマイヤー美術館、ブラジル, クリチバ


作品サイズ:長さ30m 巾9m 高さ12m。
素材:アクリルパイプ、LED, スチール、ウッドデッキ、
インスタレーション:郡 裕美 
サウンド:ベルナルド ガル

※クリチバ・ビエンナーレに関するお問い合わせは公式ページまで。





サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events



Projects