ホーム>Member News>サポーティングメンバー>大石久和さん(京都大学大学院 経営管理研究部特命教授)

大石久和さん(京都大学大学院 経営管理研究部特命教授)

2015.07.15

日本人を“国土”から読み解く。

ooishi_hisakazu大石久和さんの新刊タイトルは『国土が日本人の謎を解く』
国土交通省時代から長年、日本国土を活かすための研究をおこなってきた大石さん。
日本独自の地理地形や天変地異、災害の歴史を紐解き、これらの経験から人々が得た“日本人らしさ”と、これからの日本のあるべき姿を論じます。

四島に分かれた国土、山脈の縦貫、狭く少ない平野、大地震の可能性……。世界を見渡しても、これほど厳しい自然条件が重なり合っている国は他にないと大石さんは述べます。

この自然環境が、独特の死生観や、小さな共同体など、様々な“日本的特性”を生みだしました。
これは欧米など、人が何かしなければ景観や自然が一切変化しない国々とは全く違います。

今後日本はどうやって発展していくべきなのか。グローバル化は可能なのか。非常時にどう立ち向かっていくべきなのか。自然環境に視点を合わせた説得力のある文章で、過去の日本・今の日本・未来の日本の姿を解き明かします。

「そもそも明治になるまで競争という言葉すらなかった国で『とにかく競争だ』『個人に評価主義だ』と言ってみても、日本人であることを止めることができるはずもなく、成果が上がるわけがない。われわれは日本人であることを見つめ直すことから再出発するしかないのではないか」(大石さん)

☆クラブ・ウィルビーで、大石さんへのインタビューを行っています(2011年4月)。


0708ooishi
『国土が日本人の謎を解く』
大石久和/産経新聞出版社/1,300円(税別)





サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events



Projects