ホーム>Member News>サポーティングメンバー>岡康道さん(クリエーティブディレクター)

岡康道さん(クリエーティブディレクター)

2016.06.22

新著「勝率2割の仕事論 ヒットは『臆病』から生まれる」

クリエーティブディレクターとして、NTT、大和ハウス、キヤノン、富士フイルムなど数々の企業ブランドキャンペーン広告を手掛けている岡康道さん。
この度、新著「勝率2割の仕事論 ヒットは『臆病』から生まれる」(光文社新書)を発表しました。

岡さんが電通から独立して、立ち上げた日本初のクリエイティブエージェンシー「TUGBOAT」。商品のパッケージを大きく見せたり、その時代をトキメク芸能人を使うことにこだわったりする広告が多いなか、「TUGBOAT」では「人生の本質をつく」メッセージを込め、
「人の心に残る」ことにひたすらこだわると言います。それ故、クライアントから受け入れられず、
競合プレゼンで負けることが少なくなく、勝率が2割だというのです。
それでも自身のこだわりを貫き、第一線を走り続ける仕事論が本書には詰まっています。

広告に携わる方々はもちろん、「何かにひたすらこだわる」仕事論には誰もが励まされることでしょう。



勝率2割の仕事論 ヒットは「臆病」から生まれる (光文社新書)


岡康道著/光文社新書/740円(税別)





サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events



Projects