ホーム>Member News>サポーティングメンバー>夢枕獏さん(作家)

夢枕獏さん(作家)

2016.03.02

空海を描いた小説が歌舞伎になりました

夢枕獏さん原作の新作歌舞伎「幻想神空海」が、4/2より東京・歌舞伎座で上演されることに。
チケットの一般発売が3月12日(土)から始まります。

原作は、人気の伝奇小説『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』。
遣唐使として唐に渡った空海が長安で妖怪と戦う中で、楊貴妃の伝説が浮かび上がってくるという大胆な発想、壮大なスケールの物語。執筆期間17年、総原稿2600枚超の大作です。
今回の舞台では「空海」を市川染五郎、相棒の「橘逸勢(たちばなのはやなり)」を尾上松也が演じます。





四月大歌舞伎 夜の部 新作歌舞伎  高野山開創一二〇〇年記念
「幻想神空海 沙門空海唐の国にて鬼と宴す」


日時:4月2日(土)~26日(火)
場所:歌舞伎座(東京都中央区銀座4-12-15)
原作:夢枕 獏 脚本:戸部和久 演出:齋藤雅文
出演:空海:染五郎、橘逸勢:松也 他

チケット:一般販売 3月12日(土)10:00より
詳しくは、こちらのサイトで。

サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events



Projects