ホーム>Member News>サポーティングメンバー>藤田宜永さん(作家)

藤田宜永さん(作家)

2016.02.22

「探偵・竹花」シリーズ最新作『女神』を発表

本格派ハードボイルド小説として人気の高い、藤田宜永さん「探偵・竹花」シリーズ。その第7作となる『女神』が発表されました。

事の発端は、大阪から竹花に届いた荷物。西成のあいりん地区で行き倒れた男が、ロッカー屋(日雇い労働者用の荷物預かり所)に託したものでした。そしてある女優に、竹花に届いた荷物が、彼女の父親のものだと伝えてきた人物を探してほしいと依頼されます。
大阪に飛んだ竹花は、地元の探偵・明珍太郎の協力を得て調査を進めるのですが‥‥‥

還暦を過ぎてもなお現役のクールでタフな私立探偵、竹花の活躍をご堪能ください。

「竹花は作者と同じ1950年生まれである。老いにはあらがえず、老眼になっているし、肩こりも激しい。しかし、探偵としての仕事はきちんとこなしている。竹花はシンプルな前向き志向を好まない。しかし悲観論者ではまったくない。変な言い方だけれど“後ろ向きの楽天家”なのだ。成るように成る。それがモットーのロートル探偵には、今のところ引退はない。」(藤田さん)





『探偵・竹花 女神』
藤田宜永 著/光文社/1900円(税別)





サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events



Projects