ホーム>Member News>サポーティングメンバー>高橋三千綱さん(作家)

高橋三千綱さん(作家)

2016.02.04

自伝的小説『ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病』を発表

30歳で芥川賞を受賞、その後も青春小説、経済小説、恋愛小説、ゴルフ小説、時代小説など幅広いジャンルの作品を発表し、長く第一線で活躍している高橋三千綱さん。その裏側では、次々と襲う病魔と闘う日々を過ごしてきました。

47歳で「糖尿病」と宣告され、61歳で「肝硬変」、その検査途中に見つかった「食道がん」、そして3回にわたる「食道静脈瘤」の手術。書き下ろしの新作『ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病』は、それらの経験を題材とした、まさに自伝的な小説となっています。
生きながらえてこそ得る知恵と悟り、そして身体に起こる奇跡。いかにして病を、生きる糧にしてきたかが描かれています。




『ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病』
高橋三千綱 著/幻冬舎/1700円(税別)


サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events



Projects