ホーム>willbe Interview>萬田久子さん(女優)>さて、そろそろ次のことを‥‥ 4/4

さて、そろそろ次のことを‥‥ 4/4

Untitled-1.jpg


vol.4 カッコイイ60代を模索中!


残間
これからのことって、
何かプランを立てたりしてますか?

萬田
節目というのは結構、気にしてるんです。
19歳でミスユニバースになって、
29歳で出産して、
それから39歳で大きな舞台を経験させてもらいました。
十朱幸代さんと山田五十鈴さんと共演の
『隠れ菊』(芸術座)でしたが、
その時に女優開眼というか、遅いんですけど(笑)、
「この方たちと舞台に立てて幸せだ」と
女優の喜びを感じたんです。
そして49歳で事務所から独立。

残間
その頃、ロンドンに短期留学というのもありましたね。

msmandatalk5
萬田
それで来年、59歳なんですよ。
何をやろうかと考えていて、
フルマラソンに挑戦するという案も上がってます。
でも、膝を痛めるという話もあるし‥‥‥

残間
急にやるのは止めた方がいいみたいですよ。
若い頃からずっと走っているなら別ですけど、
お医者さんに聞いたことがあります。
フルマラソン直後の心電図って、
心筋梗塞の波形と一緒なんですって。
急激に活性酸素が出るからなのか、
ガンを発症する場合もあるとかで。

萬田
ええ! やっぱり止めようかしら。
実は去年のホノルルマラソンに
うちのスタッフが走ったんですよ。
私もハワイにいてゴールで出迎えたんですけど、
もう母親のような気持ちになって感動してしまいました。
それで走ってみようかなと。

残間
ホノルルマラソンは、
割と気楽なマラソンみたいですね。
東京マラソンとかは、 本格的ですけど。

萬田
ええ、仮装して走っている人も多いです。
時間制限がないので、三日経っても帰って来ない人がいるとか。

残間
(笑)それならいいかもしれませんね。

萬田
60代に向けて、言葉だけはいいのを見つけてるんですよ。
「セサンテ」というイタリア語で「60」という意味です。
50代になって『HERS』という雑誌で
表紙モデルをやっていた時は、
「新しい50代を見つけよう」という
テーマがありましたが、
「新しい60代を見つけよう」では、
新しくもなんともないですし。
「セサンテ」という言葉のもと、
何か新しいチャレンジができないかと思案中です。
まあ、けっこうこれまでも成り行きで生きてきたので、
きっと何か舞い降りてくると思いますよ。
それをサッとキャッチしようと。

残間
『HERS』では、見事に新しい50代の世界を作創りましたよね。
50代の女性がちゃんとちゃんと現役であることを示してくれました。
で、次の60代が大事です。
ニューヨークやパリにいる、かっこいい60代、70代。
あれを日本にも持ってきてもらいたいです。
萬田さんの新しいチャレンジ、楽しみにしています。
今日はありがとうございました。

萬田
こちらこそ、ありがとうございました。
これからの萬田スタイル、おたのしみに!!

(終わり/2016年10月取材)

zamma_msmanda


vol.1 女優らしい“佇まい”を大事にする

vol.2 「あの時」が女優になった分岐点‥‥

vol.3 一人暮らしライフ、満喫中ではあるけれど

vol.4 カッコイイ60代を模索中!


★NEWS★
萬田さんがオフィシャルインスタグラムを開設!
ぜひご覧ください。

insta
萬田久子さんオフィシャルインスタグラム

過去のインタビュー