ホーム>willbe Interview>波頭亮さん(経済評論家)>みんな、気づいてる? 5/5

みんな、気づいてる? 5/5

Untitled-1.jpg


vol.5 行きたかった所に行き、会いたかった人に会う


残間
波頭さんはそうやって、本業に取り組みながら、 言いたいことを言い、タフに生きてるわけですが、 どうやって自分自身を鍛錬してるんですか。

波頭
やはり人と会って話すのと、本を読むことの半々ですかね。 どちらかに偏らない方がいいなとは思ってます。 それから鍛錬というより、 自分の特性みたいなところが大きいかもしれません。

自分からこういう言い方すると嫌味に聞こえるかもしれませんが、 10年くらい前に気づいたんです。 本能というか心根のレベルで、自分は金と権力に欲がないんだなって。 金と権力によって得られることに興味がないというか、好きじゃない。
例えばビル・ゲイツって美味い食べ物に興味がないから、 あれだけお金持ちになってもビッグマックでいいやってなる。 僕もそれに近いんだと思います。
ビッグマックじゃなくてゴージャスなディナーだと時間もかかるし、 胃にもたれるし、結構、金や権力があったら窮屈だし、 面倒臭いと思います。 そこに対する欲がないから、それほど無理せず、 今みたいに好きなことを言っていられるんだと思います。

残間
飽食の限りを尽くした上で興味がなくなったんじゃなくて、 ハッと気づいたら、 自分の中にお金と権力に対する関心がなかったんでしょ?

波頭
でも僕が知る限り、 金にも権力にも興味がないと言う人に限って、 たいてい欲が深いんですけどね。

残間
それって、年齢も関係あります?
17-3-29Wb-01_1
波頭
それもあるかもしれませんが、 僕は若い頃からすでにそうだったから、 これまで人生の選択の局面で、 人と違う判断をしてきたんだと思います。

残間
確かに。 昔から波頭さんって、そういうところありますね。 東大出て最初に就職した都市銀行を、 1ヶ月で辞めたんですよね?
年長の人に「もっと上手にやればいいのに」と言われても、 上手にやらないタイプ。 側で見てるとけっこうハラハラしたこともありました。

波頭
「上手にやればいいのに」っていろんな人に言われてきたんですけど、 ずっとピンと来なかったんですよ。
でも、今にして思うと、 40歳ぐらいの時にもうちょっとメディアや権力の人と折り合っていたら、 今、もう少し現実的な力を持てるポジションにいて 世の中のためにできることが100倍くらいあったかもと思うことはあります。 いくら思いついたことがあっても、 伝わらなければ無意味だと、この歳になってやって気づきました。 僕これ、茂木健一郎さんを見て思いましたね。

茂木さんは僕と同じくらいメディアの問題を危惧しているようだけど、 自分が社会に声を届けようと思ったら、 メディアが有力な手段であることを彼は知ってます。 だから、賢くつきあっていますよね。
でも、その彼でも、この頃は時折、爆発しそうになってますね。

残間
最後に今後のことを少し聞かせてください。 今年還暦を迎えますよね。 個人的にはこれから先はどうなさるおつもりですか。

波頭
具体的には何にも考えてないです。 これまで通り、一日一日を過ごすだけ。 何かを区切りにとか、あんまりしないですね。 記念日とかも興味ないですし。
とはいえ、体力や健康のことを含めて残りの持ち時間を考えてしまいます。 40歳の時に同じ期間で10のことがやれていたのに、 60歳になったら6ぐらいになって、 70歳になったら3ぐらいになると思うんです。 だから仕事以外のことに、 もうちょっと時間とエネルギーを使いたいですね。
知り合いともっとご飯を食べに行ったり、 旅行に行ったり。 机の上や活字を相手に使うエネルギーや時間を、 少しプライベートの方に振り向けようかと。
17-3-29Wb-57
残間
そっちですか! なんか意外ですね。

波頭
僕は“そっち”は嫌いじゃないはずなのに、これまで驚くほど“そっち”の少ない人生を生きてきたと感じています。

残間
私は逆にそっちが好きだと思っていたら、 この頃、それほどでもない自分に気づきました。
一人がいいなと思うし、旅も特別行きたくないし。 人と話をしたいとは思いますが、 一部の親友たちを除くと旧友たちと小旅行に行きたいとかもあまり思いません。 仕事関係の人と視察旅行には行ってもいいですが。

波頭
残間さんはすでに、これまでいろんな所に行って、 いろんな人に会ってますよね。 僕よりはるかに世間が広いんですよ。

ずっと行きたいと思いつつも、 先延ばしにしている場所が幾つかあります。 20年くらい前から沖縄の北部に行きたいんですが、一回も行けてない。
これ、このままどこにも行かないでいると、 70歳になったら腰が痛いとかなりかねません。 それから、もう20年会いたいなあと思ってる人がいるのに、 会えていない。 こんな風に、何か思い切らないとできないことがあるんですよ。

残間
本当に20年も会いたかったんですか?  何か機会があればぐらいの思いだったから、会えなかったのでは?

波頭
その程度の人もいっぱいいるんですが、 何人かは本当に会いたい人がいます。 もう住所から調べないといけないような人なんですが、 ものすごくお世話になった人とか、 時々いるじゃないですか。 そういうのを全部後回しにしてきたんです。

それから僕、映画だって嫌いじゃないんです。 大学時代は少ない年で50本、多い年で100本観てました。 でもこの10年で10本も観てないです。 映画館どころかビデオですら観てない。
じゃあ僕はもう映画が好きじゃなくなったかというと、 本当は観たいなと思う作品もあったんですけど、 それに時間が使えなかった。

残間
全部、後回しにして突っ走って来たんですね。

難しい世の中ではありますが、 波頭さんには今後も世の中を厳しい目で見ていて欲しいと思っています。 今日は貴重なお話をありがとうございました。

波頭
ありがとうございました。

(終わり/2017年3月取材)

17-3-29Wb-68


vol.1 日本は国としての骨格を失った

vol.2 “格差の拡大”が国を崩壊させる

vol.3 シニアには期待できない。でも若者は‥‥

vol.4 それでも声を出し続けることの意味

vol.5 行きたかった所に行き、会いたかった人に会う

過去のインタビュー