ホーム>willbe Interview>波頭亮さん(経済評論家)>みんな、気づいてる? 1/5

みんな、気づいてる? 1/5

Untitled-1.jpg
経済評論家として、また経営コンサルタントとして活躍している波頭亮さん。同時に舌鋒鋭く現代社会を解き明かす、論客でもあります。その波頭さんが10年ほど前から日本の先行きを危ぶみ、今、ひときわ大きく警鐘を打ち鳴らしています。その真意をお聞きしました。(残間)
波頭亮さんのプロフィールはこちら


(聞き手/残間里江子 撮影/岡戸雅樹 構成/髙橋和昭)


vol.1 日本は民主主義国家としての骨格を失った


残間
波頭さんの最近のネットでの発言を見ていると、かなり世の中に対して警鐘を打ち鳴らしていますね。

波頭
国として崩落寸前です。

残間
この間、私が会った人も、日本は3年持たないだろうと言っていました。
やっぱりそういう危機感ですか。

波頭
日本は民主主義国家としてはもうダメです。自力で支える力というか、骨格をなくしましたね。
第二次安倍政権となって以降、どんどん地滑り的に崩れて来ています。まずメディアが政権に負けたこと。

一番悪いのはメディア。しかし、その責は国民にもある


残間
でも大半の人はそうは思っていないですよね。いくら警鐘を鳴らしても、みんな日常に埋没してしまっていて。
hatou_zamma_1-1
波頭
主犯は政権に加えてメディアです。事実、現実を伝えるのがジャーナリズムの仕事ですから。でもここまでひどくなっても覚醒しないのは、国民に非がないとは言えないと思います。
だって、明らかにおかしいことがいっぱいあるじゃないですか。

例えば、今の森友の問題。言ったとか言わないとか、会ったとか会わないとか。
こんな疑獄事件をそんな泥沼試合化してしまったのはメディアですね。冷静に考えれば、財務省の近畿理財局長が、「この案件だけはすぐに書類を捨てました」と国会で言いましたよね。ところが他に同じような案件が26件あったんですが、25件は全部書類が揃ってるんですよ。しかしその1件だけは1日で捨てました、ということになって、それでまかり通っちゃってる。

国民、大丈夫か? ですよね。「そうか、捨てたのか。しょうがない」と反応しているようなものですから。そういうことがいっぱいあるんですよ。

安倍さんの籠池さんへの論評も、知らぬ存ぜぬだったのが、失礼な人になり、実は以前は仲が良かったとか、二転三転する。あれが出た時点でメディアも国民も「ちゃんとやれよ」となるべきなのに、そうならずにズルズル行ってしまう。

それはメディアが悪いとか、野党が腰抜けだとか、いろんな要因はあるでしょうけど、ここまで来て「そうか……」という反応では、国民に非がないとは言えないです。明らかにおかしいことが、目の前にいっぱい提示されてるんですから。

hatou_zamma_1
残間
自分の日常が、それほど侵されていないと感じているからでしょうか。

波頭
それが大きいのでしょうね。 今、日本が景気がいいとか悪いとか、いろんな意見がありますが、僕が最近講演する時に、冒頭で見せる資料があります。
アメリカ、フランス、イギリス、ドイツ、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマークの8カ国が、2000年から2015年までで、どれだけ一人当たりGDPが伸びたか。

2000年を100とすると、日本以外で一番ダメなイギリスで135。1.35倍ですね。一番いいのがノルウェーで1.5倍くらい。日本以外の国は全部1.3倍から1.5倍に伸びている。
一方、日本は0.9倍ですからね。日本だけが下がってる。この5年間で一回も上がってないんですよ。
「為替が〜」という人がいますが、ドルベースにするともっと差は開きます。今言った数字は全部自国貨幣ベースですから。どの観点から見ても、日本以外は全部上がってます。この状態がずっと続いている。

安倍内閣は経済内閣だと言って、経済に力を入れているようにアピールしてますが、安倍内閣になってからの方が、民主党時代よりも悪くなってますから。
要するにデータを見れば中学生でもわかることです。テレビの人は正しくないことばかり言うし、新聞も同じですが、自分で見ればわかることをみんな調べない。

残間
一見景気が良さそうなのですが、みんな実感がないとも言います。それもあって数年前から「実体経済が云々」と言い始めたのに、最近はそれも言わなくなってしまいましたよね。

波頭
そう。それは政府とメディアが認めないから。ずっとこんなダメな状態が続いているのに「景気がいいんだ、いいんだ」と言い続けている。

残間
株価を見るとそう悪くもない、つまり株価はいい感じで推移していると私の世代の男たちは思っているようですよ。

波頭
株って庶民が持っているのは、 日本株全体の一割から一割五分ですからね。 一番持っているのは外人です。半分持ってます。
だから日本の株価が上がって得するのは外人。 それで残りの八割を持っているのは富裕層。 庶民はほとんど何一つ得してないんです。

残間
でも気づかない。

波頭
気づかないですね。言ったって、 「へえー、面白いこと言う人だな。 テレビは景気がいいと言ってるもの」 「コンビニだって人手不足だと言ってるし、 景気いいんじゃないの?」という感じ。

忖度ではなく“圧力”と呼ぶべき


波頭
安倍政権の政策は、内容としては一つの考え方だと思います。 だけど手法が民主主義社会のそれではない。 国家権力を総動員して、 異論を全て封殺するやり方で、とても危ない。

残間
ご本人は意識してそれをやっているんでしょうか。 それこそ周りが忖度しているのでは?

波頭
今の政府には、忖度しなかった官僚を飛ばすという人事権があるから、 それで忖度するんですよ。 忖度する人たちって、理由なくするわけじゃないです。
忖度って言いますが、メディアはあれを 「圧力をかけた」と言って 報道しないとダメなんです。 そうじゃないと実態と違いますよ。

残間
忖度とか斟酌とかいうと、 どこかきれいなイメージがありますからね。 取り繕われてしまうかもしれません。

(つづく)

hatou_zamma_3_1


vol.1 日本は国としての骨格を失った

vol.2 “格差の拡大”が国を崩壊させる

vol.3 シニアには期待できない。でも若者は‥‥

vol.4 それでも声を出し続けることの意味

vol.5 行きたかった所に行き、会いたかった人に会う
(2017年5月19日公開)

過去のインタビュー