残間 今日はテレビのゴルフ番組に出てくる戸張さんではなくて、
本職のトーナメントプロデューサーとしての、
戸張さんの話を聞きたいと思っています。
普段、何気なく見ているゴルフトーナメントが、
どんな風に作られているかが分かってくると、
また違った角度からゴルフを見られると思うんですよ。
戸張さんにとってプロデュースとは何たるかを、
たっぷりお聞きしたいと思っています。



戸張 僕は残間里江子さんに、
それとまったく同じ質問をしたいですね。(笑)
かなり近いと思うんで。



残間 (笑)ではお願いします。
慶応のゴルフ部だったんですよね。
戸張さん自身はプロのプレイヤーになろうとは
思わなかったんですか?



戸張 ゴルフは好きでしたけど、
プロになろうとは思わなかったですね。
その頃というのは(1960年代末)、
日本にプロのトーナメントなんてほとんどなかったですし、
会員制のちょっとうるさいコースだと、
プロはクラブハウスに入れなかったんです。

林由郎さんという有名なプロがいらっしゃいますよね。
林さんと遊びでプレーするとします。
それでお昼になってクラブハウスでご飯を食べようとすると、
林さんはついて来ないんですよ。
「行こうよ」と誘っても、「いや俺はいい」とか言って、
プロ部屋で食べてるんです。
そういう時代でしたね。

(willbe注:日本ゴルフツアーが始まったのは1973年から。
林由郎プロは戦前から活躍し、門下からは
青木功やジャンボ尾崎など、数々の有名プロを輩出)



残間 今のプロゴルファーのイメージとは、だいぶ違いますね。



戸張 ですからプロになってトーナメントに出ようとか、
それで生計を立てようとかは、全く思わなかったですね。
それで住友ゴムという会社に就職しました。
そこはダンロップというブランドで、
タイヤやゴルフ用品を扱ってたんですね。
まだ日本のゴルフ人口が100万人くらい。
今の10分の1くらいですね。

最初は営業をやってたんですが、25歳ぐらいの時から
「併せて販促もやりなさい」ということになりました。
販促って、要するに宣伝じゃないですか。
何回か雑誌に広告載せたりしたんですけど、
何か靴の上から足を掻いている感じがありまして、
何かいい方法はないかと考えたんですね。

それで「ゴルフ用品をもっと売るには、
ゴルファーが増えればいいんじゃないのか」と考えたんです。
単純にね。


残間 (笑)本当にその通りですけれど、そこが難しいんですよ。



戸張 ではゴルファーを増やすにはどうしたらいいかというと、
当時は日本ツアーというのはなくて、
年間にトーナメントが4つか5つあっただけだったんです。
それでプロが出場するトーナメントを作って、
テレビで全国に中継すれば、
それを見たオジサンやオバサンたちが、
ゴルフをやるようになるんじゃないか、と考えたわけです。

いろいろあったんですが、話を端折りますと、
ダンロップは自分のところでゴルフ用品を売ってますから、
宣伝費を使って「ダンロップトーナメント」をやろう、
テレビで放送しようと。

ゴルフのトーナメントなんて、
どうやっていいか全くわからなかったですが、
とりあえず2日間のトーナメントを作って
大阪の箕面というゴルフ場でやりました。



残間 その頃プロというのは、日本に何人ぐらいいたんですか。



戸張 男子で300人強というところでしたでしょうか。



残間 それなりに資源はあったんですね。



戸張 ええ、すでにプロテストというのはあったんですが、
そういえば当時のプロにはハンディキャップがありましたね。



残間 本当に?



戸張 上手いプロはハンディキャップゼロなんですけど、
下手なプロって変な言い方ですけど、
そういうプロにはハンディがありました。
すごい時代ですよね。

とにかく「ダンロップトーナメント」をやって
テレビで中継したら、結構、反響があったんですよ。
初めての試みですから、もう手づくりでしたね。
自分たちで杭を打ってロープを張って。
杭を打ってたら、腱鞘炎になりましたけどね。



残間 へえー。そのトーナメントづくりは
何人くらいでやったんですか。
つまり戸張さん部隊は。



戸張 僕を入れて10人くらいですね。
それで誰も何していいかわからないから、
バイトを雇って、ここらへんにスコアボードを
建てようということになっても、スコアボードって、
どんなものだろう? という調子なんですよ。



残間 海外ではすでにやってたんですよね。



戸張 アメリカではバンバンやってましたね。
ちょうどアーノルド・パーマーが出てきて、
アメリカのゴルフトーナメントのイメージを変えて、
"ゲーム"から"スポーツ"に変わった、
みたいな時代でした。



残間 それまではゲーム的だった?



戸張 そうですね。
テニスで言えば、ボルグやマッケンローが出てきて、
それまでの品のいいストローク・テニスから、
格闘技みたいになったじゃないですか。
ちょうどそんな感じですね。



残間 「魅せる」という要素ですね。



戸張 そういう世界を僕らも目指そうと思いました。
それで自分たちが主催してばかりもいられないので、
トーナメント企画というのを、パッケージにして
売りに行こうということになったんです。

こんな風にコースに設営して、プロを集めて、
テレビで二日間放映すると、これだけかかりますと。
でも新聞にもゴルフ雑誌にもスポンサー名が出るし、
テレビもやれば見る人が一気に増えて
宣伝の到達率が上がりますよと。


残間 テレビの放映はどう取り付けるつもりだったんですか?
中継しないと言われたら?



戸張 テレビは後からついて来るんです。
そこは自信がありました。
だってその頃はコンテンツがないんですもん。
当時はコンテンツなんて言葉はなかったけど(笑)。



残間 プログラムね。



戸張 スポーツといえば野球と大相撲とプロレスぐらいでしたね。

結局、電通がこのプランに興味を持ってくれて、
日本テレビが開局20周年、それからサントリーは
スポーツマーケティングをやりたがっているから、
日本テレビとサントリーで
「サントリーオープン」というのをやったらと。

それでサントリーには僕が説明に行きましたよ。
当時専務だったかな、
今は名誉会長の鳥井道夫さんが話を聞いてくれたんですが、
僕はまだ若かったですし怖かったです。
ギョロッと睨まれて、
細かい事聞かれたらやだなって思ったんですけど、
「まあ、考えとくわ」という感じで。

それから今度は電通と一緒に日本テレビに行きました。
正力亨さんがいらした時代でしたが、
「うちも20周年だし、やってみても面白いな」と言ってもらえて、
サントリーとドッキングして実現したわけです。(1973年)



残間 なるほど。今の日本のゴルフトーナメントに
近い仕組みで出来上がったんですね。



戸張 そうです。
トーナメントの前にプロアマをやったのも、
サントリーオープンが日本で初めてでした。
アメリカから資料を取り寄せると、
向こうでは芸能人や政治家を呼んで
プロアマというのをやっているようだから、
日本テレビにうちらもやりましょうと。
確かジャイアント馬場さん、デストロイヤー、
堺正章さんとか、いろんな方を呼んで派手にやりましたね。

これが日本でプロゴルフトーナメントが盛んになっていく、
ひとつのきっかけになったと思います。




(つづく)