残間 余震のせいで、何か始終、乗物酔いというか、
身体が揺れている感じですね。
(この取材は大震災の2週間後に行われました)



松永 たしかに、フラついています。



残間 世の中変わるでしょうね。いろんな意味で。



松永 仕事への考え方も変わると思います。
福島50ですとか、消防庁、自衛隊、アラームが鳴る中で
仕事を遂行していらっしゃるじゃないですか。
あの人たちの揺るぎない仕事ぶりに対して、
マスコミの対応があまりに陳腐に見えてしまいますね。



残間 これでも関西の人に言わせると、
マスコミの報道は阪神淡路の時に較べれば
抑制が利いているらしいですよ。
前の時はあまりにもドラマ仕立てにするものだから、
現地の人は見るに耐えなかったそうです。



松永 3.11以降は仕事へのスタンスというのかなあ、
そこが問われていくと思います。






残間 では、近況についてお聞きしましょうか。
最近はおもちゃというか、
ゲームの世界でお仕事してるんですよね。



松永 バンダイナムコゲームスで
この3月まで社外取締役をやっていまして、
4月からは事業アドバイザーをやっています。
ゲームって、以前は日本が世界の
7割ぐらいを占めていたんですが、
かなりシュリンクしてしまいましたよね。



残間 そこを聞きたかったんです。
今、どういう状況なんですか。



松永 パッケージビジネスというのが、
ガクガクと落ちてきてます。
それは音楽でCDが売れなくなって、
ダウンロードになってきたのと同じですね。



残間 私たちはCDという"モノ"に、
いろんな思いも込めていましたが、
そんなものはもうないんですよね。



松永 アルバムとして買い、それを自分で編集して
オリジナルのテープを作ったりね。
とにかくゲームも6,800円のパッケージを買って、
というんじゃなくて、
手軽なライトゲーム(携帯電話や
ネットワーク上の対戦ゲーム)に移行してます。
さらにそこにSNSが加わって。
それこそ南場智子さんのやっている
ディー・エヌ・エー(モバゲータウンの運営会社)とかが
急成長しています。
無料ゲームですね。



残間 厳密に言うとタダじゃないんですけどね。



松永 まあそうなんですが(笑)。
それでバンダイナムコはというと、
それまでのゲームの世界観を構築してきましたから、
SNSと無料ゲームに移行していく時に、
頭を切り替えるのがすごく難しかったんですね。
これからは戦艦じゃなくて飛行機の時代だよね、
といっても、ずっと戦艦を造ってきた体制がありましたから、
おいそれとはいかないわけです。
それでガンダムロワイヤルをモバゲーで展開したら大ヒット!
売れるスピードも収益も段違いですね。






残間 でも、そんなに急激に売れていいんですか。
ガンダムというキャラクターは
大切に育てられてきたものですよね。
それが一気に売れてしまうと、飽きられるというか、
消費されてしまいそうで。
そういう懸念はないですか?



松永 去年ガンダム30周年で、お台場に
等身大のものを建てたら、450万人が行くわけですよね。
そういう節目の時には
子どもの頃に夢中になっていた40代が戻ってきて、
さらにその子どもの世代にバトンタッチされる。
やはり一つの世界観があり、
ストーリーがあるものは強いんですね。
自分の心をコミットさせて、
永くロイヤリティを感じてくれるんです。



残間 なるほど。いいものはいいと。



松永 ペットみたいに、
ずっと自分のそばにいる感じなんでしょうね。
ですからキャラクターを育てていくというのは、
上手くいっているんですが、
ゲーム、SNSというところで苦戦しています。
私がバンダイナムコゲームスでやろうとしているのは、
そこでの新しいプラットフォーム作りなんです。



残間 業界の勢力図も変わってきましたか。



松永 任天堂は今も強いですが、新しいハードが出ても、
ハードとソフトの売り上げ台数にあまり差がないんですね。
つまり、ひとつかふたつのソフトでしか遊んでいない。
以前だったら例えば『3DS』が出るとなったら、
どんどん対応ソフトが出て、ハードとソフトが
1対3とかいう比率になります。
さらに私たちのようなサードパーティも、どんどん
新しいソフトを開発していくという仕組みだったんですが、
それが明らかに変わってきています。






残間 何時ごろからなんですかね、この変化は。10年?



松永 ライトゲームの会社の業績ということで言えば、
この3年ですね。ガンガンガンと急成長です。



残間 たった3年ですか。
パッケージソフトを扱う会社は、
それを予測できなかったんですかね。



松永 3年前というと、Wiiもプレステも売れてましたしね。
モンスターハンターも売れてました。
このまま行けるかと思ってたら、徐々に徐々に………。
そういえば今、500億円以上の利益を出す
ディー・エヌ・エー社長の南場さんは、
iモードの時、一緒だったんですよ。



残間 じゃあ、同志だったんですね。



松永 そうです。ディーエヌエーを立ち上げた頃は
ネットオークションで苦戦もありましたが、
今や飛ぶ鳥を落とす勢いの大成功! 
南場さんの成功は、心から拍手したいくらい嬉しいですね。



残間 南場さんって、どんな女性なんですか?



松永 彼女はハーバードにも留学し
「お勉強系」の人なのかなあと思っていたら、
小さい頃はラーメンやお菓子のオマケをとっておいて、
将来、それを売って商売する気でいたんですって。
可愛らしいところがあるんですよ。
もともと商売に興味があったんですね。



残間 なるほどね。でも松永さんって、
本当に節目節目で面白い人に出会ってますよね。



松永 出会ってますよね。本当に。



残間 同じくiモード開発部隊の同志、
夏野剛さん(慶応大学特別招聘教授)もその一人ですよね。
夏野さんとはそもそも、どこで会ったのですか?



松永 彼は大学卒業後に東京ガスに入って、
それからアメリカでMBAを取って、
ハイパーネットという会社の副社長をやってました。
当時アメリカでインターネットの洗礼を受けて、
自分で何かやりたくなったんでしょうね。
でもハイパーネットは上手くいかず、結局、倒産しました。

夏野さんとの出会いは、
私が32歳で『就職ジャーナル』の編集長をやった時です。
夏野さんは22歳で、早稲田の学生アルバイトとして
編集部に来てたんです。
それから10年後に、私がドコモに行って、
ネットとかよくわからないんで、
ハイパーネットにいた夏野さんに声をかけたわけです。
彼はiモードの仕事にはドンピシャでしたね。




(つづく)